朝起きられない時の対策!うつや病気にはセロトニンが関係していた

朝起きられない時の対策!うつや病気にはセロトニンが関係していた

、いつも気持ちよく起きられないと
1日がブルーになってしまいますよね。

では朝起きられないときは
どんな対策をしていったら良いのでしょうか。

また多くの人は朝気持ちよく起きられないと
うつや病気が原因なのではないかと思ってしまいます。

実は脳内で分泌されるセロトニンが
関係していることもあるんですよ!

今回は朝気分よく起きられるように、
そこを掘り下げて説明していこうと思います。

朝起きられないときの対策


まずは朝、気持ちよく起きられないときの
対策から見ていきましょう。

①カーテンを開けて寝る
カーテンを開けておくことで朝日を浴びることができ、
セロトニンの分泌が増えます。
同時に体内時計のリズムも整い、目も覚めやすくなります。
自分の寝ている部分に朝日が当たるように、
起きられないときはうまく対策をしていきましょう。



スポンサードリンク


②水分補給をする
朝、起きた時にからだがだるくて起きられないのは、
軽い水分不足に陥っているせいもあります。
起き抜けにコップ一杯の常温の水か
白湯を飲むようにすると良い対策になりますよ!

③温度調節をする
冬の朝は寒くて特に起きられないという日が多いですよね。
そんなときの対策として、部屋の温度を上げて
目覚めやすくしておきましょう。
エアコンのタイマー機能をうまく使いたいですね。

朝起きられないのはうつや病気のせい?


もしかして朝起きられないのは
うつや病気が関係しているせいもあるのかなと
不安になっている人もいるかと思います。

朝起きた時に「また今日も起きなくてはならないのか…」と
マイナスな気持ちになってしまう場合、
うつの症状が出ている可能性があります。

うつの他に朝起きられない原因として、
起立性調整障害という病気も
今話題となっています。

特に朝起きられないことで不登校気味だったり
自律神経のバランスが崩れている場合は
この病気が疑われます。

うつなどと勘違いされそうですが、
この病気の場合は子供に症状が多いのが特徴です。



スポンサードリンク


朝の目覚めとセロトニンの関係性


朝の目覚めとセロトニンの関係性ですが、
セロトニンというのは精神的に安定することに
深く関わったホルモンです。

セロトニンが分泌されることで睡眠の質を上げる
メラトニンに変化して良く眠れ、また目覚める時に
セロトニンが分泌されて朝の目覚めを促すのです。

朝気持ちよく起きられないときは、
セロトニンがうまく分泌されていない可能性があります。

セロトニンを増やすには、朝日を浴びること、
そして適度な運動が欠かせません。

しっかりセロトニンを増やす対策をして、
朝気持ちよく起きられるようにしていきたいですね。

朝、清々しい気分で起きられないときの対策やうつ、
病気といった原因、そして朝の目覚めに
重要なセロトニンというホルモンについて
ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

毎日気持ちよく起きられないとなると
それだけでストレスになり、うつや
病気を引き起こしやすくなります。

その対策として、セロトニンを増やす生活習慣を
おこなっていくようにしましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)