睡眠薬の副作用で夢遊病の可能性!

睡眠薬の副作用で夢遊病の可能性!

睡眠薬の副作用に夢遊病があるそうです。
睡眠薬と夢遊病の関係性を調べてみました。

睡眠薬と副作用


睡眠薬には、副作用がついてまわります。

夜眠れない、熟睡できない、などいう
不眠症に悩んでいる人も増えているようです。

不眠症で眠れないのはつらいものです。
我慢できずに、市販されている睡眠薬に
つい手を伸ばしてしまいたくなる気持ちは分かります。

しかし、睡眠薬は間違った飲み方をすると
不眠を改善してくれるものではなく、
健康を損ねることになってしまうのです。

間違った飲み方で長期間にわたって睡眠薬を服用していたり、
大量に飲んでしまうと、重大な副作用がでることもありうるのです。

不眠症で睡眠薬を服用する際には、必ず睡眠薬の使用方法や
睡眠薬の使用量を守り、正しく服用する必要があります。

そのためには、不眠症のための睡眠薬の知識や
服用方法などを知り、どの睡眠薬が自分に合うかを見つけるため、
不眠症改善の睡眠薬と上手に付き合うことが大切です。



スポンサードリンク


主治医と良く相談のうえ、処方される睡眠薬を飲んでいきましょう。

睡眠薬としての副作用である夢遊病を起こす原因


睡眠薬は場合によっては、副作用として夢遊病を引き起こす
可能性があるとして、医師が注意を促しています。

たとえば睡眠中に起きだして、歩き回ったり、
車の運転をして事故を起こすケースがあるようです。

そのほか料理や食事を始めたり、
インターネットショッピングをしたりするというのです。

もちろん本人には記憶がありません。

ただ、このような睡眠薬と夢遊病の副作用は、長期連用している常用者や
事前にアルコールを飲んでいる場合が多いそうです。

夢遊病の状態で車を運転した人の9割が、
就寝まえに少量のアルコールでも飲んでいたというのです。

副作用が出るので睡眠薬とアルコール(お酒)は同時に飲むことは禁忌です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(睡眠薬)は、
脳の興奮を鎮めることによって鎮静作用、催眠作用をもたらします。

アルコールも脳内にギャバという抑制性神経伝達物質を増やすことによって、
興奮を鎮める作用があります。



スポンサードリンク


やはり、睡眠薬服用中は、少量でもアルコールを止めたほうが安全でしょう。

睡眠薬と夢遊病


睡眠薬による夢遊病は、本人は意識がないとはいえ、
夢遊病患者にへたに近寄ると危険です。

夢遊病患者暴力を振るってくることもあり、
自分または、周りが怪我を負うケースもあるようです。

この場合、まわりに危険なものを置かないなどの、
家族の協力と工夫が必要になります。

不眠症対策のために睡眠薬を飲んだのに、
夢遊病になるのはナンセンスです。

睡眠薬はしっかり飲み、自分に合った睡眠薬に出会って下さい。

それと睡眠薬は自分で勝手に止めないでください。

睡眠薬の副作用で夢遊病を起こさないためには、
医師の指示に従って服用することが大事といえます。

睡眠薬を正しく飲んで、気持ちのいい睡眠をとれるといいですね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)