不眠症の原因はストレスが関係していた

不眠症の原因はストレスが関係していた

まずは不眠症の原因とストレスの関係を考えて行きましょう。

不眠症の原因


不眠症とは一体どのような病気なのでしょうか。
不眠症は眠りの質を損なう、睡眠障害の一つです。

不眠症は、単にベットに入ってもなかなか寝れないとか、
睡眠時間が短いというだけでなく、
眠りたくても眠れないという
苦痛の要素が強いですのが不眠症の特徴です。

不眠症の場合、
①寝つきが悪い(入眠障害)
②眠っても何度も目がさめる(途中覚醒)
③目が覚めるのが早すぎる(早朝覚醒)、
④眠っても疲れが取れない(熟眠障害)といった、
自覚症状が見られます。

最近、この不眠症をはじめとする睡眠に関する問題を
抱える人の数は増加の一途を辿り、
5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、
そして10人に1人が「不眠」で悩んでいるというレポートがあります。

私の①から始まり、不眠症になった1人です。

不眠症の原因の一つに、生理学的要因があります。
不眠症の生理学的要因とは一体何なのでしょうか。



スポンサードリンク


生理学的要因とは環境の変化や騒音、
温度や湿度の環境が原因により
不眠症の原因になっている場合をいいます。

例えば海外旅行に行ったときに起こる時差ぼけや、
夜勤等で昼夜が逆転し、深夜勤務になったために
眠れなくなる場合などが考えられます。

生理学的要因が原因で不眠症になった場合には
生活習慣を改めることにより改善できますが、
ひどい場合は診療内科に相談することをお勧めします。

不眠症とストレス


次に、不眠症の原因の一つである
心理的要因について説明をします。

不眠症の心理的要因とは一体何なのでしょうか。

不眠症の心理的な要因とはストレスや
精神的ショックが不眠の原因になっている場合のことをいいます。

もっとも多い不眠症の原因がやはりストレスでしょう。

不眠症で、たとえば仕事のプレゼンテーション近づいてきて
不安で一杯の場合や学校や職場での人間関係が
上手くいかず悩んでいる場合などが考えられます。

解消されなければストレスはたまりつづけ、
慢性的な不眠症になりかねません。

不眠症解消のために、このような場合には職場を替えてもらうか、
ストレスを解消する事が不眠症には必要になります。

ストレスの原因




スポンサードリンク


不眠症とストレスには、非常に密接な関係があります。

ストレスは交感神経を強く働かせて、不眠症を誘引します。

睡眠には副交感神経が働いている必要がありますから、
これだけでもストレスが
不眠症の一因となっていることが良く分かります。

ストレスはうつ病をひきおこす原因にもなります。
うつ病の不眠症は、老人の早朝覚醒とは質が違います。

眠いのにも関わらず眠れないという、
本人にとっては非常に辛い不眠症が長く続くことになります。

また、うつ病に抗うつ薬で対処している場合、
その抗うつ薬自体が不眠症の原因となることもあるようです。

私の場合の不眠症は、”自分で仕事ができない”
というストレスから始まりました。

不眠症は、なったことのない人には、
多分理解できない病気でしょう。

このように、ストレスが原因で
引き起こされる不眠症は数多くあります。

不眠症から遠ざかりたければ、まずは日常生活での
ストレスを緩和する方法を模索するべきでしょう。

ストレスが原因で引き起こされる不眠症は数多くあります。
不眠症から遠ざかりたければ、まずは日常生活での
ストレスを緩和する方法を模索するべきでしょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)