不眠症改善の対策は食べ物を選ぶことから!

不眠症改善の対策は食べ物を選ぶことから!

不眠症には、寝床に入ってもなかなか寝付けない入眠障害、
眠っても夜中に何度も起きてしまう途中覚醒など様々な症状がありますが、
そんな不眠症改善に食べ物が深く関わっていることをご存知ですか?

日々の食べ物を見直すだけで、不眠症改善に努めることができるのです。
そこで今回は、食べ物による不眠症対策をご紹介します。


なぜ食べ物で不眠症対策ができるのか?


 



スポンサードリンク


不眠症改善のひとつとして有名なのは睡眠ホルモンである
メラトニンの分泌を促すことです。

このメラトニンの分泌を促す為に必要なのがセロトニンというもの。
セロトニンが多く分泌されれば睡眠ホルモンである
メラトニンの分泌が多くなるといわれており、
この2つはセットで考えなければいけないホルモンとなっています。

そしてセロトニンを作り出してくるのがトリプトファンという必須アミノ酸です。
つまり、「トリプトファンを摂取する⇒セロトニンが分泌される
⇒メラトニンが分泌される⇒眠気を誘い良質な睡眠を得る」となるので、
トリプトファンを摂取することが重要であることがわかりますよね。
これが食べ物で不眠症対策に繋がるのです!


トリプトファンを多く含む食べ物は?


 



スポンサードリンク


メラトニンの分泌にはセロトニンの分泌が必要、
セロトニンの分泌にはトリプトファンの摂取が必要、
となれば、トリプトファンを多く含む食べ物を摂取すれば
自然と睡眠へとつながっていくことになりますね。

そんな重要なトリプトファンを多く含む食べ物は、
肉類や魚介類、乳製品や大豆製品などです。

種類ごとに特に多く含まれる食べ物をご紹介します。

肉類:牛レバー、豚ロース、鶏胸、鶏ひき肉、鶏ももの順で
トリプトファンが多く含まれています。

魚介類:すじこ、カツオ、クロマグロ、たらこ、イワシの順。

乳製品:ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、豆乳、ヨーグルト、牛乳の順。

大豆製品:ゴマ、油揚げ、納豆、アーモンド、くるみの順。

トリプトファンの摂取の際はビタミンB6も一緒に
トリプトファンはビタミンB6と合わさることによって
セロトニンの分泌を促してくれるといわれるため、
ビタミンB6も一緒に摂取することが重要になってきます。

ビタミンB6を多く含む食べ物は、玄米、大豆、赤身の魚、レバー、アボカドなどです。

トリプトファンとビタミンB6を含んだ万能の食べ物が「バナナ」になります。
バナナと牛乳という朝食を意識するだけでも、不眠症対策出来るわけですね。

また、消化に時間がかかる食べ物を寝る前に食べると、
胃の活動が活発になり、寝る為に必要な体温が下がる状態がつくれなくなってしまうため、
揚げ物やステーキや焼肉などは寝る前には食べないように気をつけてくださいね。

トリプトファンを含む食べ物は、朝と昼に効率良く食べるようにすれば不眠症対策に最適です。

いかがでしたでしょうか。
今回は、食べ物で不眠症対策をご紹介してきました。
食生活を見直して、不眠症改善に役立ててくださいね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)