不眠症チェックでうつ病かも 無料で診断してみよう

不眠症チェックでうつ病かも 無料で診断してみよう

眠れない、起きれない、眠っても夜中に目が覚めてしまう…
といったことが続くのなら、
不眠症を疑った方がいいかもしれません。

また、不眠症が主な原因の場合と、
うつ病からくる不眠症の可能性もあります。

そこで、まずは無料で出来る診断でチェックしてみましょう。

自分で無料チェック!不眠症診断


これから12の質問に答えてもらい、それぞれの合計点数でチェックしていきます。
・よく当てはまる⇒3点
・まあまあ当てはまる⇒2点
・全く当てはまらない⇒0点

01:コーヒーや緑茶などカフェインの多いものをよく飲む

02:長時間寝たはずなのに朝起きても疲れが取れない

03:睡眠時間の平均は5時間以内

04:昼間に異常な眠気があり生活に支障をきたす

05:寝つきが悪く布団に入ってから1時間以上眠れない

06:怖い夢や緊張する夢をよく見る

07:寝具が合ってないような気がする

08:昼間は外出せず屋内にいる



スポンサードリンク


09:昼間でもすぐに眠ることができる

10:眠ったあと夜中に何度も起きる

11:まだ寝ていたいのに朝予定より早く起きてしまい眠れない

12:寝ている間に体がピクピクと動くことが多い

これらのチェックの問いの点数を合わせてみてください。

不眠症レベルはどれくらい?

0~2:軽度の不眠症状は見られるが心配はないレベル

3~5:生活が不規則な為不眠症状が出ているレベル

6~10:不眠症のおそれがあり要注意レベル

10以上:不眠症の為、改善が必要なレベルで
    うつ病の可能性も秘めています

あなたのレベルはどれくらいでしたでしょうか?

心配はないレベルでも、チェックのどれかに当てはまっている場合は
悪化する可能性もあるので注意が必要になってきます。

特に、チェックが10点以上の高得点だった場合は、
うつ病の可能性もあるので、専門医に相談にいった方がいいかもしれません。

不眠症だけなら生活習慣の改善などで緩和することが
可能になるかもしれませんが、うつ病の場合は、
他の症状も多く出てきてしまうため、
専門医に相談するのが一番早い治療の近道となります。

無料チェックで結果が高得点だった場合は、睡眠外来や
心療内科などの専門機関に相談してみてください。



スポンサードリンク


不眠症やうつ病は自律神経の乱れ


不眠症は、睡眠のコントロールができていないことが原因であり、
このコントロールを行っているのは「自律神経」というところになります。

自律神経はストレスやうつ病にも深い関係があり、
自律神経の乱れは様々な生活習慣病を引き起こすともいわれています。

そのため、不眠症も悪化すればうつ病となってしまう可能性があります。

逆にいえば、自律神経を整えれば
不眠症やうつ病の改善にも繋がるともいえます。

自律神経の乱れを整える最も効果的な方法は「リラックス」です。

不眠症もうつ病も、ストレスが原因となることが多く、
うまくリラックスすることができれば改善することが可能になります。

いかがでしたでしょうか。

今回の無料チェックはあくまでも目安です。

少しでも不眠症の兆しが見えている場合は
専門機関に診てもらい、自分に一番あった改善策を見つけてください。

薬に頼りたくないという人はサプリメントなどを飲むのもひとつの手段です。
自分に合った方法で不眠症やうつ病予防・改善につなげましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)