不眠症の対策と飲み物にはどんな関係があるの

不眠症の対策と飲み物にはどんな関係があるの

不眠症の対策と不眠症時にはどんな飲み物がよくないのか
気になったので調べてみました。

不眠症の対策


不眠症が一番のストレスの原因です。

例えば、明日、起きるのが嫌だなと思うと、
どうしても眠りにつけません。

不安な気持ちがあると、夜中に目が覚めてしまって、
眠りが浅くなることもあります。

また眠れない事がストレスになり、
不眠症になってしまう事もあります。

人生の1/3を寝て過ごしているという程、
睡眠は私達にとって必要不可欠な物です。

そんな睡眠を満足にとる事のできない不眠症は、
仕事・学業等、日中の活動効率を妨げる原因になったり、
注意散漫になり、時には自動車等事故の原因になる事もあります。

不眠症を改善する為に、いくつかの対策をご紹介します。
まず不眠症の原因が生活リズムの乱れの場合は、正す事が重要です。

眠くても昼間は絶対に寝ずに(どうしても、眠たい場合でも、
昼寝はPM3時までの30分以内にするのが良いようです)、
太陽の光を浴びて過ごし、夜寝れるように準備します。

夜寝る前の対策としては、不眠症であることを意識して、
パソコンやテレビを消し、ブルーライトを
発するものを浴びないようにすると
副交感神経を優位にします。

最初はなかなかできなくても、繰り返すうちに、
不眠症に対してリズムが身についてくるでしょう。

次にストレスが原因の不眠症の場合は、
とにかく寝る前は考え事をする癖をなおしましょう。

「明日は明日の風が吹く」という言葉があるように、
不眠症を悩んでも悩まなくても明日はきます。

寝室に入ったら不眠症の悩みを忘れて、寝るようにしましょう。

また眠れない事がストレスになり、
不眠症になってしまう事もありますが、
その場合は無理に寝ようとせずに、本を読んだり
温かい物を飲んで、リラックスします。

そうするうちに眠たくなり、数時間でも寝れるようになるでしょう。

不眠症と飲み物


飲み物、特にお酒(アルコール)の
飲み過ぎも不眠症の原因になります。

体質にもよるのでしょうが、不眠症を持つ、私の場合、
飲み物でお酒を飲むと、気分が明るくなって、
眠気が飛んでしまいます。

今通院している診療内科の主治医によると、
”一般的には、不眠症の方は、飲み物のうち、
アルコールは厳禁です!睡眠薬とアルコールは、
相性が悪く、アルコールを飲むことで、早期覚醒することになり、
不眠症を改善するために服用している睡眠薬が効かなくなるよ!”
との事でした。

どうしても飲みたくなった場合で、止む飲んでしまったら、
不眠症なのに、眠るためにお酒が抜けるのを待つ必要があって、
精神的にもよくありません。



スポンサードリンク


またアルコールが不眠症のきっかけになるわけは、
脱水症状が起きて、夜中に膀胱に尿がたまり、
トイレに行きたくなって起きてしまうからです。

不眠症の方は、不眠症の症状が一段落するまでは、
飲み物、特にお酒(アルコール)は、控えられるのが良いでしょう。

不眠症が完治するば、また飲めるわけですから・・・ 

不眠症の間は、私と一緒に飲み物、
特にお酒(アルコール)は、止めておきましょう。

不眠症の飲み物対策


大量のアルコールは、脳内の睡眠中枢を
まひさせるため、深い眠りが取れなくなります。

つまりレム睡眠ばかりが多くなって、
成長ホルモンを分泌したり
免疫力を高める時間帯であるノンレム睡眠が少なくなるのです。

そのため夢を見ることが多くなり、
不眠症等の病気にかかりやすくなります。

不眠症の飲み物対策としては、どうしたらいいのでしょうか?

不眠症の飲み物対策として、アルコールに慣れていない人が、
いきなり飲むと、かなりの刺激となります。

これが交感神経を刺激して、不眠症状態になり、
一睡もできないことがあります。

ナイトキャップが与える影響は、
量によっても不眠症の人によっても変わるわけですね。

不眠症に対しては睡眠薬が処方されますが、
現在のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、
アルコールよりも安全だといわれています。



スポンサードリンク


あまりに不眠症状がひどいようでしたら、精神科や心療内科、
睡眠障害のクリニックなどに赴いて、
睡眠薬をもらってきたらどうでしょうか?

そのほうがアルコールを大量に飲むより、
ずっと不眠症に対して健康的であり安全です。

私は、試したことはないですが、不眠症の方が、
どうしても飲みたいのなら、不眠症の飲み物対策として
①昼間に飲む
②ノンアルコールビールを飲む
のは、いかがでしょうか?

不眠症の方もストレスをためることは、最もよくないことの一つです。
不眠症の飲み物対策としては、有効な手段であると思います。 

不眠症であることを、自分で注意しながら少量のアルコールなら、
睡眠に影響を及ぼさない方もいらっしゃるかもしれません。

ともかく、不眠症の飲み物対策としても、
薬や通院で早く不眠症から脱却して、
問題なくアルコールの飲める状態に、お互い早く持っていきましょう。

不眠症が一番のストレスの原因です。
不眠症時には、大量のアルコールの飲み物は、望ましくありません。

不眠症を直してから薬や通院で早く不眠症から脱却して、
問題なくアルコールの飲める状態に、お互い早く持っていきましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)