不眠症の対策で音楽は効果的!

不眠症の対策で音楽は効果的!

不眠症の対策として、音楽に効果があると
いわれているのをを知っていましたか。

早速不眠症と音楽の関係をみていきましょう。

不眠症の対策


不眠症は眠りの質を損なう、睡眠障害の一つです。

不眠症は、単に睡眠時間が短いというだけでなく、
眠りたくても眠れないという苦痛の要素が強いのが不眠症の特徴。

不眠症の場合、寝つきが悪い(入眠障害)、
眠っても何度も目がさめる(途中覚醒)、
目が覚めるのが早すぎる(早朝覚醒)、
眠っても疲れが取れない(熟眠障害)といった
自覚症状が見られます。

最近、この不眠症をはじめとする睡眠に関する
問題を抱える人の数は増加の一途を辿り、
5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、
そして10人に1人が「不眠」で悩んでいるというレポートがあります。

不眠症の原因の一つに、生理学的要因があります。
不眠症の生理学的要因とは一体何なのでしょうか。

生理学的要因とは環境の変化や騒音、
温度や湿度の環境が原因により
不眠症の原因になっている場合をいいます。



スポンサードリンク


生理学的要因が原因で不眠症になった場合には
生活習慣を見直して対策をとってみてはどうでしょう。

その中に、音楽療法を取り入れることも
対策のひとつだと思います。
 

不眠症と音楽


不眠症の対策として、一般的に音楽は効果があるとされています。

私は不眠症の症状が改善されてきた時、
”音楽でも聴いてみようか”という気持ちになりました。

普通ならば不眠症の場合、ヒーリング効果を求めて、
ボーカルの入っていない環境音楽が一番効果があると思われがちです。

しかし私の場合はハードロックが一番落ち着きました。

なぜかは、わかりませんが、ハードな音楽の方が
落ち着いて睡眠に入れたのです。

最近では必ず音楽を聴きながら寝るようにしています。
そのせいか不眠症もマシになりました。

同じように不眠症で苦しんでおられる方は、
音楽を試してみるのも、良いと思います。

不眠症の対策としての音楽




スポンサードリンク


不眠症の時は、私のように精神的に余裕がなくなります。
不眠症でない普通の状態の人なら”起きてテレビでもみていたら?”
と思われるでしょうし、実際私は妻に、そう言われました。

でも、そう考える余裕さえ奪われるのです、不眠症は。

不眠症は、自分にしか苦しみの分からない病気です。
不眠症患者は、見た目では、わかりませんので、
周囲もこちらから言わない限り、分かってもらえません。

私は、通院と睡眠薬が効いて、
不眠症の症状が、かなり緩和されてきました。

ただ今も不眠症で苦しんでいらっしゃると思います。

不眠症を改善するために、いろいろ試されたとも思います。
不眠症を直す為、一度音楽(療法)を試して見て下さい。
音楽で不眠症が少しでも改善されることをお祈りします。

個人差はあると思いますが不眠症の対策の一つの手段として、
音楽も試してみるといいかもしれませんね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)