昼寝の時間は子供の場合どうしてる?

昼寝の時間は子供の場合どうしてる?

大人の昼寝は短時間でササっと済ませるのが良いと言われていますが、
子供の場合の昼寝はどのような感じなのでしょうか?

大人と違って時間に拘束されていない子供ですが、
だからといってバラバラの時間に昼寝をするのは子供にとって良くはありません。

わたしにも小さな子供がいますが、昼寝はひとつの「生活リズム」となっています。

そこで今回は、昼寝の時間で子供の場合を中心に、ご紹介します。


昼寝のベストな時間とは?


 



スポンサードリンク


子供の昼寝のベストな時間は、年齢ごとに変わってきます。

2歳代になると、だんだん昼寝は短時間で済むようになってきます。

しかし、そうは言っても大人に比べて1時間〜2時間は昼寝をします。

子供で、2〜3歳の場合、ベストな昼寝の時間は1時間ほどです。

あまり長く寝入ってしまうと、夜の睡眠が充分取れなくなってしまいます。

お母さんが夜に苦労することになるので、
できれば寝入っていても途中で起こしてあげると良いですよ。


昼寝をする時間帯は?


 



スポンサードリンク


子供が昼寝をする時間帯は、いつがベストなのでしょうか?

子供は夜に寝かしつけをする時間が早いので、昼寝はなるべく早い時間で切り上げます。

そのため昼寝は、12時〜2時まで、最低でも3時までには無理やり起こすようにしましょう。

3時以降昼寝をさせてしまうのは、夜に眠れなくなってしまう原因になります。

1歳を過ぎたら、お昼寝は午前寝1時間、
昼食後の1時〜2時の1時間を意識して生活リズムに取り込んでいってくださいね!

まとめてお昼寝する場合は、お昼ご飯を少しだけ早めて、
12時〜2時まで2時間昼寝できるように調節していくといいですね。


昼寝、子供の場合はどうする?


 

子供の昼寝に関しては、それぞれ昼寝をしなくて良い子、
昼寝が欠かせない子など、様々です。

我が家の場合は、昼寝をしなくても遊んでいられるくらいだったのですが、
最近はまた昼寝をするようになりました。

このように、体調などでも変わる場合がありますから、
基本的に3時までだったら、2時間の範囲内でゆっくり休ませてあげてくださいね。

あまりにも昼寝が長いようであれば、
何かの病気ということも考えられるので、病院に相談してみましょう。

子供はなかなか自分の不調を伝えることはできません。

親が気付いてあげるのが、一番ですね。

昼寝の時間、子供のことを中心にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

子供の昼寝は12時半〜2時までの時間帯で、2時間以内に済ませるというのが鉄則です。

夜に眠れなくなってしまうと、子供だけでなく親も疲れてしまいますからね。

基本的には3時までには昼寝は済ませて、きちんとした生活リズムを作っていきましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)