不眠症の原因と病気は関係あるのか知りたい

不眠症の原因と病気は関係あるのか知りたい

まず不眠症の原因と病気との因果関係を見てみましょう。

不眠症の原因


不眠症とは一体どのような病気なのでしょうか。
不眠症は眠りの質を損なう、睡眠障害の一つです。

不眠症は、単に睡眠時間が短いというだけでなく、
寝つきが悪くなったり、眠りたくても眠れないという
苦痛の要素が強いのが不眠症の特徴。

不眠症の場合、
①ベッドに入っても、なかなか寝付けない(入眠障害)

②眠っても夜中に何度も目がさめる。
酷い場合は、目が覚めてから朝まで眠れない(途中覚醒)

③3時であるとか、4時であるとか
明らかに早い時間に目が覚める(早朝覚醒)

④眠っても眠っても、日中疲れが取れない(熟眠障害)

といった自覚症状が見られます。

最近、この不眠症をはじめとする
睡眠に関する問題を抱える人の数は徐々に増加しており、
5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、
そして10人に1人が「不眠」で悩んでいるというレポートがあります。

私も、不眠症に悩み、実際、不眠症に陥ったうちの一人でした。

不眠症の原因の一つに、生理学的要因があります。
生理学的要因とは、環境の変化や騒音、
温度や湿度の環境が原因により
不眠症の原因になっている場合をいいます。

例えば、海外旅行に行ったとき、夜行バスを利用したが
眠れなかった時に起こる時差ぼけや、
夜勤等で昼夜が逆転し、深夜勤務になったために
眠れなくなる場合などが考えられます。

私の場合には、ストレスから不眠症になり、
進行が進み、昼夜逆転現象となって、
止むなく、診療内科に足を運んだ一人です。



スポンサードリンク


生理学的要因が原因で不眠症になった場合には
生活習慣を改めることにより改善できます。

但し、不眠症のせいで、昼夜逆転などの症状が現れた場合、
生活習慣を改めることは、難しくなります。

実際、私も 昼夜逆転現象となった時、治るまで
約2か月程度かかりました。(その間は、勿論、会社は休職です。)

不眠症は病気?


不眠症は、紛れもなく病気です。
不眠症は、うつ病をひきおこす原因にもなります。

私がこのパターンでした。ストレスから眠れなくなり(不眠症ですね)、
会社も、不眠症が影響して仕事上のパフォーマンスが低下して、
迷惑をかけだしたため、休職です。
(休職は現在も続いています。)

不眠症は、うつ病と合わさってまずなにもかのやる気を失わさせます。

次に、わたしの場合、不眠症が影響で現れたのが、昼夜逆転でした。

これは、改善するまで、数か月かかりました。
不眠症は、次々と身体や精神に悪影響を及ぼす作用を生み出します。
ですから不眠症は、れっきとした病気なのです。

不眠症で苦しまれている方、診療内科に通われていますか?
通って薬をもらうなり、カウンセリングを受けないと不眠症は治りません。

不眠症は、紛れもなく病気である、と認識して治療に望んで下さい。

不眠症の病気と原因


不眠症は、紛れもなく病気であるは、前述しました。
では、不眠症には、どういった原因が考えられるでしょうか? 

不眠症の原因としては、不適切な生活習慣、心理的なストレス、
薬や嗜好品、体の病気、心の病気などがあります。

不適切な生活習慣と関連した不眠症は、不規則な睡眠時間、
不適切な睡眠環境、昼間の活動量の不足などが
原因となって起こる不眠症です。 



スポンサードリンク


心理的なストレスと関連した不眠症は、
親しい人の死や悩みなど、心理的なストレスで起こる不眠です。

また不眠症は、最初はさまざまな原因で起こりますが、
その原因が取り除かれたあとも眠れない日が続くと、
「また眠れないのではないか」という心配が原因でさらに
眠れなくなり慢性的不眠症になります。

薬や嗜好品と関連した不眠症は、カフェインやアルコールなど
嗜好品に含まれる成分や、治療のため
飲んでいる薬が原因で起こる不眠です。

アレルギーの薬やかぜ薬、降圧薬、ステロイド薬、経口避妊薬、
抗がん剤、インターフェロンなど、
不眠症を引き起こす薬はいろいろあります。 

体の病気と関連した不眠症は、さまざまな身体の病気や、
その病気による症状(痛み、かゆみ、咳、頻尿、悪心、
下痢、発熱、頭痛など)に伴って起こる不眠症です。

心の病気と関連した不眠症は、うつ病・不安障害・統合失調症などの
精神疾患には、不眠の症状が現れることが多くあります。

また、アルツハイマー型認知症や脳血管障害、脳腫瘍などの
脳の障害でも、不眠症は起こります。

自分がどのタイプの不眠症にあてはまるか、診療内科の先生と
よく相談のうえ、まず薬を処方してもらい、必ず飲むようにしましょう。

不眠症は、紛れもなく病気です。原因は不眠症のケースが多いです。
自分がどのタイプの不眠症にあてはまるか診療内科の先生とよく相談のうえ、
まず薬を処方してもらい、必ず飲むようにしましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)