睡眠時間が5時間で健康でいられるのか知りたい!  

睡眠時間が5時間で健康でいられるのか知りたい!  

5時間の睡眠時間は適切なの?


実は成人の場合、一般的に生活習慣病のリスクが低いのは、
睡眠時間7時間前後であるようです。

そうすると、5時間の睡眠時間は少ないと思いませんか。

日本人(東京)の睡眠時間は平均「5時間46分」
だったというデータもあるのです。

データによると、東京に住んでいる人の一日の平均睡眠時間が
5時間46分と最も短く、次に長いのはソウルで5時間55分、
これは東京よりも9分長いことになります。

また3位はドバイで6時間32分でした。

また、違うデータでは、睡眠時間が5時間未満だと、
がんの発症リスクが高まるという報告もあります。

これでは健康とほど遠いですよね。

さらに睡眠時間が5時間を下回ると日中に過度の眠気を感じる
労働者が多い傾向にありました。

あと、”睡眠時間90分サイクル説”というのも、あるそうです。
90分=1時間半の睡眠時間って方は、いらっしゃらないでしょうが、
90分×3サイクル=4時間半でも少ないですよね。

90分×4サイクル=6時間位が適切ではないでしょうか。

そうなると、”5時間の睡眠時間は少ない。

最低でも6時間の睡眠時間が必要”、
というのが私の思う結論になります。

5時間の睡眠時間で健康は維持できるのか?


はたして、5時間の睡眠時間で健康は維持できるのしょうか?

随分前に「4時間睡眠法」という本を読みました。
(本の名前は、忘れました。)

その著者、日中の仕事のすいたちょっとした時間に、
「拾い寝」を10分位上手に取れる様になるのがコツだ、
と書かれていた記憶があります。

基本的には医学的には、やはり7-8時間の睡眠時間が
必要とのデータが出ている様です。

ただ、その睡眠の質(睡眠深度)が問題で、
所謂「睡眠時無呼吸症候群」の人達は眠りが浅いため
睡眠時間が十分あっても、日中にひどい眠気が起きます。



スポンサードリンク


したがって他の方も書いている様によっぽど
特殊なタイプの方で無い限り、
夜の睡眠時間を短くしても、昼寝や、
拾い寝である程度の深い睡眠を確保しないと健康でいられません。

5時間の睡眠時間をトライしても悪くはないと思いますが、
日中に眠気が強く、仕事や勉強に支障が出る様なら、
生命の危険は勿論の事、社会人としての責任も果たせなくなりますので、
無理に5時間の睡眠時間に拘らず、
自分が快適に起きれる睡眠時間を確保するのがベストと思います。

睡眠時間と健康


私は、うつ病で睡眠障害者です。
今は普通に生活出来ていますが、
夜寝る前の睡眠薬の服用は、欠かせません。

そうしないと睡眠時間が確保できないからです。

睡眠薬の服用前は、全く眠れなくなりました。
1時間の睡眠時間も取れない程でした。

睡眠時間が確保出来ない生活は、苦痛です。

睡眠時間が確保できず、寝れない夜は、非常に長く感じます。
睡眠不足で仕事に行っても、十分な業務の提供など出来ません。

”遊びの時間取りたいから、睡眠時間削ろう”
と思っている学生さん、どうぞ実践して下さい。 



スポンサードリンク


”仕事がたまっているから、睡眠時間削ってでも、
仕事しないといけないんだ!”という社会人の方、ご苦労様です。

頑張って仕事こなして下さい。
でも、考えて下さい、睡眠時間を削って遊んでも
仕事しても効率は、あがりませんよ。

しかも健康に悪いので若いからって無理は禁物です。

私も20代の頃は、何日も徹夜しました。

仕事がたまっていたから、
やむをえなかったからでしたが、次の日はボロボロでした。

頭が回りません。仕事なんてできませんでした。

ですから、ある程度の睡眠時間(個人差があるので、
ここでは、私の理想と思う睡眠時間の明言は避けますが)を
確保して、遊びに仕事に頑張って下さい。

睡眠時間を確保することで、健康を維持できると思います。

うつ病で睡眠障害者からのアドバイスでした。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)