こたつで寝ると危険!太るし風邪ひき健康と肌に悪い

こたつで寝ると危険!太るし風邪ひき健康と肌に悪い

突然ですがみなさんはこたつが好きですか。
大好きですよね。特に、寒い冬はこたつから離れられません。

こんなに好かれているこたつですが、
こたつで寝ると危険な事もあります。

太る、風邪をひく、健康と肌にも悪いそうです。
どのように悪いのか詳しくみていきましょう。

こたつで寝ると風邪をひく


『こたつで寝ると風邪ひくよ』って言われたことはありませんか。

実際はどうなのでしょうか?
実は本当にこたつで寝ると風邪をひいてしまうのです。

ではなぜこたつで寝ると風邪をひくのでしょうか。
ひも解いていきます。

こたつに座っているときは特に風邪をひきやすいのです。
こたつに入っている時上半身と下半身どちらがあたたかいですか。

もちろん下半身です。

ここに風邪をひく原因があります。
上半身と下半身の温度差のギャップです。

上半身だけ冷えを感じることに。
その温度差で風邪をひきやすいと言われています。



スポンサードリンク


あとこたつで寝てしまったら大変です。
寝る間もしくは起きると異常に
体があたたまっていると感じたことはないですか。

長時間あたたまると、体温が上昇して汗をかきます。
冬はただでさえ乾燥しやすいのに、さらに乾燥もします。
健康にも悪いですね。

だからこたつで寝ると風邪をひくのです。
風邪をひく場所はお家の中にもあるのです。

こたつで寝ると太るし肌にも悪い


こたつであたたまると、気持ちがよくなって寝る
こうなってしまう人は多いですよね。

本来布団で寝ると、自分で勝手に
体温調節を行ったり水分の排出をしています。
自律神経ですね。

しかし、こたつで寝ると、
眠っている間に体温のコントロールが乱れます。
自律神経が乱れる事で、水分不足になります。

水分不足で太るのです。
太りたくないですよね。

次はこたつが肌に悪いかです。

こたつの仕組みはコンセントを入れると
近赤外線によってこたつがあたためられるのです。



スポンサードリンク


この近赤外線。肌に悪いのです。
それも赤外線よりも肌に悪いのです。

肌の老化を引き起こします。

赤外線が肌に悪いのはみなさんご存知の事。
日焼け止めを塗って外出するでしょ。

ちゃんと自覚して肌を守っているのに、
こたつの近赤外線が肌に悪いなんて聞いたことがないですね。

あと低温やけどもする可能性があるため肌に悪いです。

こたつは健康に危険を及ぼす!


最悪のケース、こたつは健康を害し死に至る危険な場所です。
項目を挙げて紹介していきます。

※脱水症状…こたつで500mlの水分が奪われます。
          最悪死に至る危険がある。

※心筋梗塞・脳梗塞…絶対なるわけではありませんがリスクはつきもの。
               こたつで寝ると水分が過剰に失われるため、
               血液がドロドロになって危険です。

※便秘…便は体の中から排出されるもの=いらないものです。
       腸も水分を奪われます。よって便秘になって危険。

※窒息…特に子供に多いですが遊びでこたつに入り込みませんか。
       幼い記憶で、こたつの中の空気は苦しかった。
もしそこで寝てしまったら酸素不足で窒息します。危険です。

いかがでしたか。

こたつは冬の必需品です。
大好きな方がほとんどですが、これだけ危険で健康や肌にも悪いのです。

こたつで寝ると太る、風邪をひくと悪い事ばかりあげていきましたが、
冬はこたつが必要ですので対策をしてこたつにはいりましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)