こたつで寝るとむくみと頭痛で疲れる だるいのはなぜ

こたつで寝るとむくみと頭痛で疲れる だるいのはなぜ

まだまだこたつが活躍する季節ですね。
こたつで寝るなんて方もいるのではないでしょうか。

しかしこたつで寝るとむくみが出たり、
頭痛やだるい状態になってしまったりしていませんか?

こたつで寝ると疲れるような気がします。
なぜそうなってしますのか調べてみました。

こたつで寝ると足のむくみがでる


そもそもむくみとは、どういった症状でしょうか。

むくみとは、血液中の水分が必要以上に血管の外にしみだし、
皮膚と皮下組織内に溜まる状況です。嫌な症状です。

こたつで寝ると、足がむくみます。
足全体をあたためる事で、むくみが生じます。

さらに掘りごたつだとむくみます。
足が下に垂れ下がっているので、
足に溜まった血液が心臓へ戻りにくくなり
足に多くの血液が溜まってしまうのです。

あとアルコールの飲み過ぎの状態で、
こたつで寝ると最悪です。相当むくみます。



スポンサードリンク


こたつで寝ると頭痛が起こる


頭痛も辛い症状です。
こたつで寝た時の頭痛の原因は脱水症状です。

こたつの熱で体温が上昇すると、汗が出ます。
汗が出ると体液不足(脱水)の状態になります。
その時に頭痛も伴うのです。

ベッドで寝る時も汗をかきますが、
布団からは熱が加わる事がないので、
さほど頭痛はしないと思います。

こたつで寝るという事が、頭痛も伴うのなら、
こたつで長居せず眠気が来たら寝室に移動するべきです。

でも、こたつからなかなか出られない心理も分かります。
だってあったかいですからね。眠気もします。
そのまま寝るという気分になります。

じゃあ頭痛を覚悟してください。

ちなみに、冬の発汗は夏の発汗とは違いがあります。
夏の汗に比べて、冬の汗は塩分濃度が高く蒸発しにくい。
ストレスの汗が多いとも言われています。



スポンサードリンク


脱水する前すでに頭痛
始まっているのかもしれませんね。

こたつで寝ると疲れるしだるい


こたつで寝ると、体温があがりっぱなしになります。
体温を下げようと私たちの脳は頑張っています。
自律神経ですね。

しかし下げようと思っても、そこはこたつの中。
外部からあたためられ続けるので、
体温を下げることができません。

相当自律神経も疲れるしだるいです。
でも自律神経は私たちが意識していないところ。

自律神経が混乱してしまいます。
ですから疲れるしだるい症状も起こります。

こたつの熱に働かされる状態が続くのですから、だるいし疲れる。
現実社会のようです。

こたつで寝る事は駄目だという事です。
寝るなら、寝室で寝る方が頭痛やだるいことも少ないですね。

寝すぎると逆に疲れることがあるので注意してください。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)