ロングスリーパーの診断と特徴 天才の性格はどんなものが多い?

ロングスリーパーの診断と特徴 天才の性格はどんなものが多い?

一般的な人間の睡眠時間というと
7時間ほどになりますが、ロングスリーパーと
診断された人たちは9時間以上の
長い睡眠が必要なのが特徴です。

でもこのロングスリーパー
実は天才と呼ばれる人たちに多いってご存知でしたか?

また性格によるものもあるとのウワサが…。
そこで今回は、そんなロングスリーパーの診断基準や特徴、
そして天才や性格との関連性について
ご紹介したいと思います。

ロングスリーパーの診断基準


ロングスリーパーを診断するにあたっては、
なかなかその人にとっての
正確な睡眠時間がわかりにくいということもあり、
確定診断をするのは難しいと言われています。

はじめは規則正しい生活を1週間送り、
日中の眠気に応じて睡眠時間を1時間ずつ増やしていって
自分がベストだと思える睡眠時間が
9時間以上だった場合ロングスリーパーと診断されるのです。

これはなかなか診断するまでに
時間もかかりますし、大変ですよね。



スポンサードリンク


そのため、ちょっと睡眠時間が長いからといって
「自分はロングスリーパーだ」と
宣言するのはちょっと違う気がします。

多くはロングスリーパーではなく、
ただの不規則な生活がもたらした睡眠の不調というだけなのです。

ロングスリーパーの特徴とは?


では、ロングスリーパーの特徴は
どんなことが言えるのでしょうか。

まず、日中眠気を感じずにいられる
ベストな睡眠時間が9時間以上であることが特徴です。

人によっては10〜13時間くらい眠らないと
生活に支障が出るといった
ロングスリーパーの特徴を持つ人もいます。

何だか想像しただけで腰が痛くなってきそうな特徴ばかりですが、
やはりロングスリーパーにとって睡眠時間の確保というのが
最大の課題でもあるのではないでしょうか。

また多くのロングスリーパーが仕事に支障が出ないように
夜は8時くらいに就寝し、朝の6〜7時くらいに
起床するという人が多いのが特徴です。

ロングスリーパーは天才に多い!性格が変わっていた


実はロングスリーパーには天才や
内向的な性格の人が多いと言われています。



スポンサードリンク


例えば、かの有名なアインシュタインは
1日13時間くらい眠るロングスリーパーだったそうです。

彼も性格は内向的で眠っている間も様々な考えを導き出し、
慌てて起きてそのまとまった考え
を書き出したという逸話も残っています。

まさに天才的な睡眠の使い方をしていますよね。
他にも天才と呼ばれる人でロングスリーパーなのは
スポーツ界ではイチロー選手や白鵬などがあげられます。

確かに彼らも外交的というよりは
内向的な性格をしているように思います。

このようにロングスリーパーには天才が多く、
内向的な性格が多いという特徴もあるのです。

ロングスリーパーの診断方法や特徴、
そして天才に多いということや
内向的な性格の人に多いということがわかりましたね!

ロングスリーパーは決して怠けていたりするのではなく、
その人に合ったライフスタイルとして
理解していくことが重要だと思います。

自己判断はせずに、医師の診察などを
しっかり受けるようにしましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)