睡眠時間が短い時基礎体温はどうなってしまうのか

睡眠時間が短い時基礎体温はどうなってしまうのか

睡眠時間を一定時間以上とってからでないと
正確なデータが出ない基礎体温。

特に睡眠時間が短いときの場合は、
どうしたら良いのか迷いますよね。

毎日同じように生活していれば良いのでしょうが、
なかなか毎日同じ睡眠時間をとることは社会人としては難しいところ。

長いときもあれば短いときもありますので、
基礎体温を測っている人にとってはモヤモヤしてしまう瞬間です。

そこで今回は、睡眠時間が短いときの基礎体温の測り方や
基礎体温の状態、対処法などをご紹介します。

睡眠時間が短いときの基礎体温の測り方


睡眠時間が短いときは、
基礎体温のデータが正常に測れないことがあります。

説明書きには、睡眠時間は
4時間以上とった状態で測ると書いてあります。

一般的には、やはり睡眠時間4時間となると
短いと判断されますから、納得がいきますよね。

しかし、とりあえず睡眠時間が普段よりも短い場合でも
いつも通り起床したなら
そのまま寝た状態で基礎体温を測ってみてください。



スポンサードリンク


そしてそのままの結果を残しておいてくださいね。

睡眠時間が短いと、ついいつもより遅い時間に起きてしまいがちですが
基礎体温は同じ時間に測るのが鉄則です。

頑張って目覚ましをかけて、基礎体温を測り終わったら
また二度寝でもしてしまいましょう(笑)

睡眠時間が短いと基礎体温はどうなる?


睡眠時間が短いと、十分にからだが
休まっていない状態なので体温が低くなりがちです。

そのため「あれ?もう排卵するのかな?」
「高温期が続かない…」などと一喜一憂しないようにしてください。

あくまで、睡眠時間が短いということで
正しいデータが出ていない可能性が高いので、
100%信じるには少し疑問が残ります。

睡眠時間が短いときに基礎体温を測ったら
少し低い数値が出ることは珍しいことではありませんので、
あまり混乱せずに「睡眠時間が短いせいなんだな」
と割り切って結果を見届けてください。

睡眠時間が短いときは基礎体温表に一言書き込もう!


睡眠時間が短いために、
基礎体温のデータが乱れてしまったときには、
やはり何も記載がないと医師などに見せたときに
「この日はどうしたの?」などと突っ込まれてしまいます。



スポンサードリンク


そういったことを防ぐために、睡眠時間が4時間以下で
短い状態で基礎体温を測った場合には
「睡眠時間4時間以下」などとコメントを一言入れておくと
体調の変化がわかりやすくなります。

医師も一目でわかるので、ああこの人はこの日睡眠時間が短いから
基礎体温が低いんだなとすぐにわかってもらえます。

睡眠時間が短い場合の基礎体温について
説明してきましたが、いかがでしたか?

なかなか社会人として生活していると、
睡眠時間を充分とってから基礎体温
毎日測るということは割と困難です。

どうしても睡眠時間が短い日もありますし、体調の変化もあります。

そんなときには、基礎体温が低くなっていても
一言コメントを基礎体温表に書き込んでおくだけでオッケーです。

わかりやすく、かつ自分に無理がかからないように
睡眠時間が短い日があっても、毎日続けていくのが一番です。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)