眠気覚ましの方法!運転中に眠くなったらどうする?

眠気覚ましの方法!運転中に眠くなったらどうする?

眠気覚ましの方法は意外と様々な方法がありますが、
シチュエーションによってまた対処法もたくさんあります。

車の運転中といえば、眠気を感じて眠気覚ましが必要だなと
感じることが多々ありますが、運転中はできることが少し限られています。

そこで今回は、眠気覚ましの簡単な方法と
運転中の良い眠気覚ましの方法をご紹介します。



スポンサードリンク


眠気覚ましの簡単な方法!


眠気覚ましの方法は、主に3つの方法があります。

①コーヒーを買う!

今はコンビニでも本格的なコーヒーが手軽に買えるようになりました。
そこでなるべくならカフェインが多く含まれる
エスプレッソが入ったカフェラテなどを注文してひと息つきましょう。

②目薬をさしてリフレッシュ!

まず眠気覚ましというと、目をシャキッとさせることが浮かびますよね。
そんなときに役立つのが清涼感の強い目薬です。

コンタクトをしていても大丈夫なものまで
幅広く販売されていますので、ぜひ探してみてください。

③短い仮眠をとる

ちょっと5〜10分程度の短い仮眠をとることで、頭がスッキリ覚醒します。
もし仮眠が可能な状態であれば、
この方法が眠気覚ましとしてはかなり効果が高いのです。
仮眠で疲れた脳がかなり回復するのです!



スポンサードリンク


眠気覚まし実践編・運転中


運転中に眠気覚ましをするには、やはりできることが限られるので
わたしは常に目薬を持ち歩いて信号待ちのたびにさしていました。

やはり運転中って目が疲れて眠くなるんですよね。
そこで目の疲れを取る清涼感の強い目薬をさすことで、ずいぶん眠気がとれます。
またコンビニを見かけたら、迷わず栄養ドリンクやコーヒーを購入したり、
ミントタブレットを食べたりして頭をスッキリさせましょう。

どれも運転しながらできる眠気覚ましの方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

眠気覚ましをするときは運転を休もう!


本当に眠くなったときには、そのまま車を運転することはとても危険です。

まずはどこかに車を停めて、眠気覚ましのために仮眠をとることを第一に考えましょう。
少しでも寝るだけでずいぶん頭が冴えて運転中も危険を感じなくなってきます。

眠いままの運転は非常に危ないので絶対にやめましょう。
長時間の運転時は、1時間ごとの休憩を忘れずにおこなってくださいね。
仮眠が終わったら、目薬をさしてリフレッシュして、再び運転に戻りましょう!


眠気覚ましの方法
として、運転中でもできるような方法を中心に
ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

運転中に一番気軽にできるのは目薬、その次がカフェイン摂取でしょうか。
でもやはり、危険を回避するには一番は仮眠をとることです。

休みながら、無理をしないで運転中の眠気覚ましをしていってください。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)