眠気を覚ます方法でも眠気が取れない ツボ押しは効く!

眠気を覚ます方法でも眠気が取れない ツボ押しは効く!

昨夜はしっかり眠ったのに、
なんだか眠気が取れない

こんな時ってありますよね。

やることがあるから眠気を覚ましたいですね。
そんな時に、眠気を覚ます方法があるのです。

自分で簡単にできるものに
ツボ押しがあるので試してみましょう。

眠気が取れないのはなぜ


眠気はあらゆるシチュエーションで起こります。

睡眠不足はもちろんの事、たくさん眠っても
眠気が取れないといった状態もあります。
女性の場合はホルモンのバランスが原因で
眠気が取れない事もあります。

では、眠気が取れないのは
どうしてなのか考えていこうと思います。

眠気が取れない原因に、
睡眠の質が悪いという事がいえます。

睡眠に、質が良い悪いなんてあるのでしょうか。

睡眠は、身体や脳の回復のために行われているのですが、
睡眠には一定のサイクルがあります。

人間は浅い眠りのレム睡眠と、
深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。

眠りの浅いレム睡眠で夢をみます。
身体は眠りつつありますが、脳はまだ眠っていません。
眠りの深いノンレム睡眠で、脳は眠り始め、身体は極少ですが起きています。
そしてノンレム睡眠が深い段階を踏み、完全に脳は眠ります。



スポンサードリンク


この状態が、『しっかり眠れている』という事になります。
これが『質の良い睡眠』という事です。

『しっかり眠った』と『しっかり眠れている』とは全く意味が違ってきます。
ですから眠気が取れないという症状が起ってしまうのです。

毎日、質の良い睡眠を心掛けるようにしなければいけませんが、
そう上手に眠ることが難しい現代社会が存在します。

では眠気を覚ます方法をお教えしましょう。
一時的ではありますが、眠気を覚ます方法があります。

簡単にできるツボ押しで眠気を覚ます


眠気を覚ます方法には、いろいろなものがあるのですが、
お仕事中にでもできる『ツボ押し』がいいかもしれません。

お仕事中でもできる、手を中心とした
ツボ押しをピックアップしましょう。

※清明(せいめい)
目頭の斜め上に小さなくぼみがあります。
このツボを親指と人差し指でつまむようにします。

※合谷(ごうこく)
親指と人差し指の間のある骨の付け根部分から
少し人差し指側にくぼみがあります。
手の甲側です。ここのツボを反対の親指で押します。

※中衝(ちゅうしょう)
中指の爪の生え際から約3㎜下の部分。人差し指側です。
ここのツボを親指と人差し指で挟むように押します。

この3つのツボは、眠気を覚ます方法にはかなり効果大です。

※老宮(ろうきゅう)
手を握った時中指が手のひらに当たる部分。ちょうど中央になります。
ここのツボを反対側の親指の腹で押します。



スポンサードリンク


※風池(ふうち)
うなじの周辺。髪の生え際の頸椎に付いている筋肉の左右で
指2本分くらい外側にくぼみがあります。
ここのツボを親指の腹で上へ上げるように押します。

※百会(ひゃくえ)
頭頂部。鼻筋のラインと左右の耳から結んだラインが交差する部分。
ここのツボを人差し指と中指の腹でまっすぐ下に押します。

6つのツボをピックアップしました。
手が3ツボ・あとは目頭・首・頭の1ツボずつです。

ツボの押し方にもコツがあります。
眠気を覚ます方法ですので頑張りましょう。

※指の腹で垂直に押しましょう。力が均等に届きます。
※強く押し過ぎては逆効果です。心地いい程度の強さで押しましょう。
※1ツボにつき5秒指圧しては5秒離すを5~10回繰り返しましょう。
※息を吐きながら押し、息を吸いながら離しましょう。

いかがでしたか。

もちろんお昼寝が出来れば1番良いのですが、
眠気が取れない時間を予知する事はできません。

他に眠気を覚ます方法は、ストレッチ・伸び・
手足のグーパー体操などもありますが、
職場ではなかなか難しいですね。
ガムもありますが、仕事中はNGです。

一時的ではありますが、ツボを押す事によって
眠気を覚ます方法はあります。
しかし、根本である質の良い睡眠をとる事を
心掛けなければ改善はしません。

効率よく動くためにはまず睡眠です。
いい睡眠を取れるようになるといいですね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)