眠れないときはアロマや音楽でリラックス!ダメなら薬を飲もう!

眠れないときはアロマや音楽でリラックス!ダメなら薬を飲もう!

眠れないときは、多くの人がアロマや
癒される音楽を聴いてリラックスしていると思います。

眠れないときはやはり嗅覚や聴覚などを
心地よく刺激してあげることで、
眠りにつきやすくさせるのが一番なんですね。

でも、いろいろなことを試しても
なかなか眠れないときはあると思います。

そんなときは、抵抗感がある人もいるかもしれませんが
薬に頼ってみるのも良いかもしれません。

そこで今回は、眠れないときはアロマや
音楽がオススメということと薬による改善についてご紹介します。

眠れないときはアロマが効果的!




スポンサードリンク


なかなか眠れないときは、心身ともに
リラックスできるようなアロマを使った方法が効果的です。

わたしも眠れないときは、緊張をほぐす効能のある
ラベンダーのアロマオイルを枕に数的垂らすようにしています。

そのまま目を閉じると、なんだかお花畑の真ん中で
寝ているかのような感じになって
とても心地よく眠れるようになるのです。

アロマキャンドルやポットなどで香りを出す方法もありますが、
寝る際に火を使用するのは危ないので避けるようにしてくださいね。

眠れないときは少量のアロマオイルを使う方法、かなりオススメですよ!

眠れないときは音楽を聴いてリラックス!


また眠れないときは音楽を聴いて
リラックスするということも効果的です。

その音楽は自分にとって心地よいと感じる音楽が一番なので、
みんながみんなクラシック音楽を聴けば眠れるというわけではないのです。

オススメなのは、ヘミシンク音楽という
精神に語りかけるような癒し系の音楽です。

眠れないときはごく小さな音量でかけておいて、
気づいたらそのまま寝ていたなんてこともしばしばあります。

眠れないときに癒される音楽を聴くコツですが、
仰向けに寝て目を閉じて自分が無重力にいるような
自己暗示をかけると余計なことを考えなくなるのでぜひ試してみてください。



スポンサードリンク


眠れないときは薬に頼るのもアリ!


アロマや音楽を試してみたけれど、
眠れないときは本当に眠れないものなんです!

そんなときは便利な薬が販売されていますから、
眠れないときは活用していくといいと思います。

薬局で売っている薬は、世間一般の睡眠薬のイメージとは違って、
あくまで頓服として飲むような
種類のものばかりですから安心して飲むことができます。

ただ市販の薬を飲んでもイマイチ効果がみられない、
または連続して飲んでしまうようなときには
心療内科などに行って合った薬を処方してもらうようにしましょう。

眠れないときはどんな対処法があるのかを
ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

眠れないときはアロマや音楽、そしてときには
薬をうまく利用していくと快適な眠りをとることができます。

まずは簡単にできるアロマや音楽を聴くという方法を試して、
それでも眠れないときは薬を飲むといった順番で
試していただければと思います。

自分に合った方法を見つけられるといいですね!



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)