寝る前に食べるヨーグルトは病気にいい?納豆は太るのか

寝る前に食べるヨーグルトは病気にいい?納豆は太るのか

寝る前に食べるというのは、
からだにあまり良くないのではないかと思いますよね。

でもヨーグルトなんかだと病気にも良さそうだし…
でも太るのが気になる!という人が多いと思います。

納豆なんかも寝る前に食べるのは
いくら健康的な食べ物でも実際どうなのでしょうか?

今回は寝る前に食べることについて
説明していきたいと思います。

寝る前に食べるヨーグルトは病気に良い?


寝る前に食べるヨーグルトにより
病気などの改善や健康のために良いと言うのが、
話題になっていましたね。

寝る前に食べるというのがちょっと気になりますが、
ヨーグルトはそれだけでも腸内環境を整えることで
免疫力を高めたり肌荒れを予防したりと、
様々な病気を防ぐからだに良い食べ物です。

ただ、実はヨーグルトというのは空腹時に食べると
乳酸菌が強い胃酸にやられてしまって
あまり病気などへの効果が期待できないのです。



スポンサードリンク


そのため寝る前に食べる、というのはどちらかというと
毎日の夕食の時間が遅めの人に向けた
健康法ではないかなと思います。

一般的な時間に食事をする人は、
寝る前に食べるのではなく
食後に食べるようにしましょう。

寝る前に食べると太るのが心配です!


寝る前に食べると聞いて一番心配なのは、
太るのではないかということです。

一般的に、夜の9時以降に食べると太るということは
ダイエットをしたことがある人にとっては常識ですよね。

特に脂肪分の多い食べ物などを寝る前に食べると、
カロリーが気になって病気予防どころではなく、
太ることばかりが気になってしまいます。

わたしも健康や太るのを防ぐために
夜9時以降に物を食べることは避けていますが、
やはり胃腸に負担がかかることからも
寝る前に食べるということは、いくら喉越しの良い
ヨーグルトでもあまりオススメはできません。

でも、あまりに空腹でも眠れないので、
そのようなときは寝る前に食べると眠りやすくなります。



スポンサードリンク


寝る前に食べる納豆はどうなの?


では、寝る前に食べる納豆はどうなのでしょうか?

納豆といえば病気になりにくい
健康的な朝食のおかずの定番ですが、
本当に納豆の効果を最大限に活かすには
夕食時に食べるのが良いみたいですよ!

納豆も発酵食品なので病気予防に
食べている人はとても多いのですが、
やはり寝る前に食べるというのは胃腸に負担がかかりそうです。

食べてからすぐ横になるというのもあまり良くはありませんし、
胃もたれなどを起こしてしまう可能性があります。

また納豆もそれなりにカロリーがありますので、
太る危険性もありますからね!

寝る前に食べるヨーグルトは、
わざわざ寝る前に食べるということにこだわらなくても
食後に食べれば十分病気予防などの
健康効果を得ることができます。

また寝る前に食べると太ることがあるので、
ダイエット中の人は特にオススメできません。

健康に良い納豆なども同じく、寝る前に食べるよりも
食事としてきちんといただくようにしましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)