寝る前に食べる時間と睡眠 ニキビや肌荒れができてしまうかも

寝る前に食べる時間と睡眠 ニキビや肌荒れができてしまうかも

毎日忙しく過ごしていると、
寝る前に食べるということが習慣化してしまうことがあります。

でも寝る前に食べる時間が遅いと、
その後すぐ睡眠をとることでニキビや
肌荒れを起こしてしまうことがあります。

寝る前に食べるということと、食べる時間によって、
また睡眠の質も良くなくなってしまうことがあります。

そこで今回は、寝る前に食べる時間が遅いことで与える
ニキビや肌荒れなどの悪影響についてご紹介していきましょう。

寝る前に食べるのは良くない?


寝る前に食べるということは、
必然的に遅い時間に食べるということですよね。

寝る前に食べるというのは、これからの時間
本来休もうとしている胃腸に大きな負担をかけてしまいます。



スポンサードリンク


本来睡眠に神経を集中させるところを
胃腸の活動に取られてしまうので、
当然寝る前に食べると睡眠の質も落ちます。

また寝起きに、胃の中にまだ食べ物が残っているような
胃もたれの症状が出たり、胃酸が上がってきてしまう
逆流性食道炎にもなりやすくなります。

それだけ寝る前に食べるということは、
あまり生活の中では良くない行動ということなんですね。

あまりに空腹で睡眠できないというときは、
胃腸に負担のかからないようなものを軽く食べましょう。

寝る前に食べる時間は睡眠のどれくらい前がいい?


それでは、実際寝る前に食べる時間は
睡眠のどれくらい前が最適なのでしょうか?

一般的には睡眠に入る3時間前までに食事を済ませておくと
胃腸への負担を減らせるだけでなく、
からだにつく脂肪の量も最小限に抑えることができます。

でも、仕事で遅くなったなどで寝る前に
食べることが習慣化している人も多いと思います。

そんなときは消化の良いものを寝る前に食べるようにして、
なるべく30分くらいは起きているようにしましょう。



スポンサードリンク


睡眠の直前に食べるのはオススメできません。

寝る前に食べることでニキビや肌荒れの原因になることも!


なんと寝る前に食べることで、
ニキビや肌荒れなどの原因になることもあるんですよ!

これは寝る前に食べたものから脂肪が吸収されやすくなり、
それが皮脂となって毛穴にたまっていきます。

それがニキビや肌荒れにつながるというわけなんです。
女性でも男性でも、やはりニキビや
肌荒れがあるとイメージダウンは免れませんよね。

寝る前に食べるという悪い習慣を改善して、
しっかりニキビや肌荒れ対策の
スキンケアをしてから睡眠をとるようにしてください。

睡眠時間もなるべく確保するようにしてくださいね!

寝る前に食べること、しかもその時間が遅いと
睡眠に影響を与えるということがわかりましたね。

また寝る前に食べることで、ニキビや肌荒れなどの
トラブルが起こることもご紹介してきました。

やはりからだや肌の健康には、寝る前に食べるのは
避けることと充分な睡眠時間の確保が必要だということですね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)