レム睡眠とノンレム睡眠の周期!サイクルの意味と目覚めをよくする方法

レム睡眠とノンレム睡眠の周期!サイクルの意味と目覚めをよくする方法

レム睡眠とノンレム睡眠って
皆さん聞いたことがあると思いますが、
ある一定の周期があるってご存知でしたか?

でもそのサイクルの意味って
一体どういうことなんでしょうか。

より良い目覚めを迎えるには
レム睡眠がいいの?ノンレム睡眠がいいの?

今回はレム睡眠の周期やサイクルの意味や
目覚めに関して詳しくご紹介したいと思います。

レム睡眠とノンレム睡眠の違いって?


まずレム睡眠とノンレム睡眠について、
違いをご紹介していきたいと思います。

レム睡眠の周期では、夢を見ていることが多いのが特徴で
からだは休んでいても脳が起きている状態です。

レム睡眠のときには、目覚めがさっぱりとうまくいくことや、
金縛りに遭いやすいことなどがあげられます。

睡眠時間のうちのサイクルで
10〜20分くらいがレム睡眠です。

一方ノンレム睡眠の周期はからだも脳も
しっかり休んでいる状態です。



スポンサードリンク


ウトウトと眠っている状態のときは、
意外とノンレム睡眠のサイクルで深い眠りなんですよ!

だから目覚めがなんだか嫌な感じなんですね。

この正反対の性質を持つレム睡眠とノンレム睡眠ですが、
何時間かの睡眠時間のうちでサイクルを繰り返しています。

でもこれにはきちんとした意味もあり、
レム睡眠だけでもダメだしノンレム睡眠だけでもダメなんです!

レム睡眠の周期やサイクルの意味は?


ではそもそもなんでレム睡眠には
10〜20分の周期があるのでしょうか。

そのサイクルには意味が
あるのかどうかも気になりますよね。

レム睡眠は入眠してから
約1時間半でサイクルがやってきます。

それまではノンレム睡眠で深い眠りになっているのですが、
なぜわざわざ深い眠りのノンレム睡眠から
浅い睡眠のレム睡眠の周期に
切り替わってしまう意味がわからくなります。

でも、レム睡眠はいつでも起きることができる
目覚めの準備運動という意味も込められているのです。

良い目覚めを迎えるには
レム睡眠時に目覚めることが一番!



スポンサードリンク


これで、ノンレム睡眠との周期を繰り返す
サイクルの意味がわかってきますよね。

レム睡眠のときに目覚めるとよい


先ほどからも説明しているように、
レム睡眠のサイクルのときに目覚めることで、
眠りが浅い状態にあるのでスキッと目覚めることができます。

逆にノンレム睡眠の周期で目覚めると、
深い眠りから無理やり起こされてしまうので
非常に寝覚めが悪い感じになります。

ここから見てみると、やはりレム睡眠で
目覚める意味としてはしっかり休んで
脳が起きているときにからだも自然と目覚めさせる!

このことが重要となってくるのです。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期やサイクルの意味、
気持ちの良い目覚めを迎えるには
レム睡眠時に目覚めることが
良いということがわかりましたね!

ただ、ウトウトした短時間のノンレム睡眠も
脳を短時間で休めて効果的に目覚めるという
意味もありますので、うまく利用していってください。

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルの意味をうまく理解して、
すっきりとした目覚めを迎えられるようにしていきたいですね!

ぜひ睡眠周期を意識しながら睡眠時間をとってみてください。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)