睡眠時間の理想 年齢別で知りたい

睡眠時間の理想 年齢別で知りたい

睡眠時間の理想


理想的な睡眠時間年齢別で違います。
ではみんなどのくらい寝ているのか…気になるところですね。

総務省による社会生活基本調査において、
日本人の平均睡眠時間は7時間34分と報告されています。

睡眠時間をさらに細かく調べてみると、
国や性別・年齢別で睡眠時間に
影響を与えていることがわかりました。

質のよい睡眠は、睡眠時間を長くして、
寝るだけではいけません。

ぐっすり眠るためには,睡眠時間に拘るだけでなく、
『睡眠の質』が重要です。

そのためには、以下のようなポイントは、次の2点です。
 ・ぐっすり眠れる工夫をする
  ・眠る前に環境を整える

厚生労働省の睡眠時間の調査によると、
日本人の平均は6から8時間であることが判明しました。

これによって一般的に適正な睡眠時間は
7から8時間と言われています。

でもこれはあくまでも平均値で、理想値とは言えません。
ですので自分に合った睡眠時間をとるようにしましょう

年齢別睡眠時間




スポンサードリンク


次に、年齢別の必要睡眠時間の理想を見てみましょう。

子供の平均睡眠時間は、成人のそれよりも
一般的に1時間程度長くなっており、
実際、赤ちゃんや成長期の子供は、働き盛りの大人よりも多く
睡眠時間が必要なのは明白です。

成長のためには、成長が止まる年齢別の20歳頃までは
1日8時間程度の睡眠時間が理想です。

一方、年齢別の20歳から60歳くらいまでは、
6時間から7時間程度の睡眠時間が最適であり、
別の20代、30代では6時間程度の睡眠時間で翌日、
すっきり疲れが抜けていれば、問題ないと言えます。

また、年齢別の60歳以上になると、
体力的な衰えや疲労の回復が遅くなることもあって、
長い睡眠時間が必要になり8時間かそれ以上が最適となります。

このように見ると、年齢別にかなりの格差があり、
子供や老人は多くの睡眠時間が必要な反面、
働き盛りの成人は、昼間の活動に支障のない程度に
短い睡眠時間でも活動できるということになります。

年齢別理想の睡眠時間を考える




スポンサードリンク


「睡眠時間は人生の1/3を占める」と言われることが多いですね。

単純に計算すると24時間の1/3=8時間ということで、
「8時間の睡眠時間」という言葉をよく耳にしたり、
8時間の睡眠時間が標準的あるいは理想的と思われがちです。

しかし、実際のデータと睡眠時間とを照らし合わせると、
少しちがった睡眠時間に対する結論が見えてきます。

私たちの睡眠時間には個人差があるため
「何時間眠らなければいけない」ということはありません。

成人の場合、一般的に死亡リスク・生活習慣病リスクが低いのは、
睡眠時間が7時間前後であると言われています。

まあ、年齢別理想の睡眠時間は、自分で試しながら、
自分で決めていかないといけないようですね。

ちなみに、私が考える年齢別理想の睡眠時間は、
やはり平均7時間半から8時間でないか、と思ってます。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)