睡眠薬の種類とジェネリックに関係はどうなの

睡眠薬の種類とジェネリックに関係はどうなの

薬には後発薬のジェネリックがあります。
睡眠薬でもジェネリックはあるのでしょうか?
睡眠薬の種類と、ジェネリックについてみていきましょう。

睡眠薬の種類


睡眠薬の種類は、たくさんありますが
大きく分けると、①超短時間型②短時間型③中時間型④長時間型
の4種類になります。

このような種類に分けられます。①で有名なのが、ハルシオン
②で有名なのが、レンドルミン③で有名なのが、ハルシオン、
④ドラール(一般名:クアゼパム)などが、挙げられます。

皆さんも、①~③の睡眠薬の名前は聞いたことがあるでしょう。
ちなみに私が毎日服用している睡眠薬が、
ベンザリン 一般名:(ジェネリック名):ニトラゼパムという薬で、
私に合ったんでしょう。ほとんど毎日熟睡できています。



スポンサードリンク


(規則正しい時間帯に飲み、寝付くのがベストですが、
どうしても帰宅が遅くなり薬を飲むのが遅くなると、
睡眠のサイクルが変わり熟睡に至らない日もあります)

みなさんも、状況を医師に相談のうえ、
①超短時間型睡眠薬②短時間型睡眠薬
③中時間型睡眠薬④長時間型睡眠薬のどれが、
自分にいいのか試しながら毎日欠かさず服用してください。

睡眠薬とジェネリック薬


ジェネリック睡眠薬の特徴は、新薬のあとに製造された
お薬(後発品)だけでなく、既に睡眠薬新薬で効果や
安全性が証明されていることから、
開発期間・開発費を少なくして製造されることです。

そのため、ジェネリック睡眠薬は新薬よりも低価格で発売され、
薬剤費の負担を軽減する大きなメリットとなっているのです。

睡眠薬にも多くのジェネリック医薬品が開発され、
国内・海外において広く流通されています。

例えば、ジェネリック睡眠薬に切替えると
こんなに睡眠薬剤費が節約できます。

人気の高い睡眠薬「デパス1mg」の睡眠薬新薬と
睡眠薬ジェネリックの薬剤費比較をしてみました。

睡眠薬先発医薬品(1錠):13.4円
睡眠薬ジェネリック医薬品(1錠):6円~9.6円
睡眠薬1錠あたり薬価差:7.4円~3.8円

今回の単価は一例です。時期により高くなっている場合があります

睡眠薬ジェネリックの種類


睡眠薬のジェネリックの種類は、様々です。
睡眠薬ジェネリックになった時に名前がかわるケースが多いので
ここでは書ききれないので割愛させていただきますが、
睡眠薬のジェネリック医薬品の特徴は価格の安さです。

薬代は、もし自立支援医療で
睡眠薬代が1割負担となったとしても、結構な睡眠薬金額の負担です。

ですから睡眠薬後発薬のジェネリックするに越したことは、ありません。

ただ、最新の睡眠薬はジェネリックが
なく、高い睡眠薬代を払う必要があります。

でも睡眠薬のジェネリックに拘って、睡眠薬が効かなければ本末転倒です。

睡眠薬の種類は、書ききれない程あります。
医師に睡眠薬ジェネリック利用も希望してみてはどうでしょう。

ジェネリックにすることで睡眠薬代も少し安くなるかもしれませんよ。
睡眠薬を決めるのが得策だと思います。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)