生理前眠いのはいつから?だるいときの対策をご紹介!

生理前眠いのはいつから?だるいときの対策をご紹介!

生理前って、もう嫌になるくらい眠いんですよね!
横になったらすぐにでも寝付けるくらいです。

でも、生理前といっても具体的にはいつから眠い、
だるいなどの症状が出てきてしまうのでしょうか。

いつからか時期がわかっていれば、
何らかの対策も考えておくことができますよね!

そこで今回は、生理前に眠い理由といつから症状が出るのか、
そしてだるいときの対策などをご紹介します。

生理前は何で眠いの?


普段きちんと睡眠をとっている人でも、
生理前に限ってはいくら寝ても眠い…と感じる人が多いのです。

でも、そもそも何故生理前になると眠いと感じるのでしょうか?
原因は主に2つありますので順番に見ていきましょう。

①体温が上がっているから
基礎体温を測っている人はよくわかると思いますが、
生理前と呼ばれる時期は「高温期」という
体温が婦人体温計でしか測れない
微妙な数値で高くなっている状態なのです。

中には明らかに微熱状態になる人も。
微熱があると誰しも眠い、だるいなどの症状が出てきますよね。

②ホルモンの作用
生理前高温期に多く分泌されるようになる
女性ホルモンのプロゲステロンは、
眠気を誘発させる作用があるのです!



スポンサードリンク


しかもその効果は睡眠薬に匹敵するほどなので、
人によってはお布団から起き上がれなかったり
軽いめまいを起こしてしまう場合もあります。

生理前はいつから眠くなる?


では、生理前といっても一体いつから
眠いと感じる人が多くなるのでしょうか。

その前に少し、先ほどから出てきている基礎体温について説明します。

生理初日から数えて14日目までは
低温期と呼ばれる時期で割と調子が良く感じられる日が多いです。

しかしそこで排卵が起こり、基礎体温がガクンと下がります。
そこから一気に体温が上がって高温期に突入となります。

そのため、いつからが生理前なのかというと
一般的には生理が始まる2週間前からというのが正しいようです。

もちろん生理周期なども個人によって差があるので、
一概にいつからとは言えないのですが多くの人は
生理2週間前になると眠かったりだるいと感じる人が増えてくるようです。

生理前にだるいときの対策とは?


基礎体温を測って、生理前にだるいと感じる時期は
いつからかということがわかってきたところで、
対策を立ててみましょう。



スポンサードリンク


生理前にだるいなどの症状は月経前症候群と呼ばれるもので、
ホルモンバランスが乱れることから起こります。

対策としては普段からホルモンバランスを整えるために
チェストツリーなどが配合されたサプリメントや
ハーブティーを飲むようにすると、
だるいと感じる日がだんだん少なくなっていくと思います。

その他の対策は、手の親指と人さし指の付け根にあるツボ
「合谷(ごうこく)」を刺激したり、
ちょっとの時間だけ仮眠することなどが挙げられます。

その時々に合った対策を考えながら、
生理前のだるい症状に立ち向かっていきましょう!

生理前の眠い、だるいといった症状を引き起こしていたのは
女性ホルモンのプロゲステロンだったんですね!

また生理前がいつからということを言うのかも、
そしてその対策とともにご紹介してきました。

生理前の眠い、だるい症状の対策をするには
基礎体温を測っていつから高温期が始まるのかを把握して
対策をするようにすればバッチリです。

なかなか働いていたり育児をする女性にとって生
理前のこうした症状は辛いと思いますが、
しっかり対策をして元気に過ごしていきましょう!



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)