食後の眠気の対策 だるさは病気で糖尿病や低血圧の可能性

食後の眠気の対策 だるさは病気で糖尿病や低血圧の可能性

食後に強い眠気に襲われるという方は
多いのではないでしょうか。
前日に十分な睡眠をとったはずなのに何故?
と思う方はもしかして何らかの病気のサインなのかも知れません。

食後は誰でも血糖値が上がっている状態ですので
眠くなるのは仕方がないことかも知れませんが、
それが続くようですと注意が必要になってきます。

そこで食後の眠気やだるさの原因や
対策について考えていきたいと思います。

食後の眠気から分かる病気とその原因


食後に起こる強い眠気は糖尿病の前兆かも知れません。

食後の眠気の他に異常な体のだるさが見られる方は
体に中に異常が起きている場合があるので注意が必要です。

糖尿病になりかけている方の特徴として
食後に異常な眠気に襲われることがあります。

糖尿病になると血糖値の状態が不安定になるため
脳にエネルギーが届かず、
脳を休ませようと眠気を誘発します。

食後の眠気やだるさが頻繁に起こるようでしたら
対策としてはまず検査を受けることをおすすめします。

低血圧が食後の眠気を引き起こす!




スポンサードリンク


食後の眠気の原因として考えられるものに
低血圧が関係している事もあります。

低血圧の方は健康な方と比べると
食後に感じるだるさと眠気が強い傾向にあります。

低血圧の方は脳に流れ込む血液量が
必然的に少なくなってしまうので眠気が強くなります。

低血圧の方は対策をきちんと
取り組むことで改善することが可能です。

特に病気などの原因が無い場合は
血圧を継続的に測り調べながらコントロールしていく必要があります。

食後の眠気対策に効果的な方法は?


食後の眠気やだるさは主に
血液が関係していることが多いと言われていますが、
場合によっては病気が原因となっていることもあります。



スポンサードリンク


対策としては日頃の生活習慣を見直す必要があります。

食事に関しては血糖値が上がりやすい食べ物を
出来るだけ控えることが大事です。

炭水化物や脂っこいものの摂り過ぎは
血糖値の急激な上昇を招くので、
なるべく量を減らしながら、
食物繊維を多めに摂る事を心がけましょう。

また、早食いや食べ過ぎは脳の血流低下を招き、
眠気を起こす要因となりますので食事の際はよく噛んで、
量を摂り過ぎないことが血糖値の上昇を抑えます。

食後の眠気が続くことは病気のリスクが高くなりますので、
そのままにしておかず気になる場合は
早期に受診しておいた方が良いでしょう。

検査結果に異常がなければ、
日頃の生活習慣を見直す事で十分改善できますので
糖尿病などの病気を発症しないよう
日頃から規則正しい生活で対策していきましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)