ショートスリーパーの寿命 天才に訓練でなれる?診断はどうなる

ショートスリーパーの寿命 天才に訓練でなれる?診断はどうなる

毎日短時間睡眠でも活動できちゃう
ショートスリーパーですが、気になるのがその寿命。

明らかに人の適正睡眠時間を下回っているので
心配になっている人もいるのでは?

またショートスリーパーといえば天才に多いと有名ですが、
訓練して短時間睡眠に慣れることは可能なのでしょうか。

またどのような診断方法があるのでしょうか。
今回は、そんな気になるショートスリーパーについて
ご紹介していきたいと思います。

ショートスリーパーの寿命ってどうなっている?


最適な睡眠時間は7時間ほどだと言われていますが、
ショートスリーパーはその半分以下の
睡眠時間で毎日活動しています。

そのため、寿命にも影響があって短命になるのでは…?
とドキドキしている人も多いと思います。

でも、寿命が短くなるというのは実は間違いなんです。

現にショートスリーパーでも100歳を超えてもなお、
元気にしている方がいらっしゃいます。



スポンサードリンク


そのため短絡的に睡眠時間が短いと寿命が短いと
決めつけるのは良くないんですよ!

適正睡眠時間で規則正しい生活を送っていても
毎日ストレスまみれで寿命が短い人もいますからね…。

要は毎日の充実度が重要なのではないでしょうか。

ショートスリーパーは天才に多く訓練してなれるもの?


ショートスリーパーには天才が多いと言われていますよね。
こうした天才と呼ばれている人は
「6時間以上眠ると頭が悪くなる」とおっしゃっている方もいるようです。

あ…じゃあわたしは…(笑)
そもそも、こうした天才に憧れて
ショートスリーパーになりたいという人もいますが、
訓練してなれるものなのなのでしょうか?

結論からいうと、訓練というよりは毎日短時間睡眠に設定した
生活を繰り返しているうちに慣れてくると
いうことはあり得ると思います。

訓練までして無理にショートスリーパーになる
必要はないと思いますので、やはり一番は自分が一番調子が良いなと
感じる睡眠時間をキープすることだと思います。

訓練して天才に近づくというものではないですならね!

ショートスリーパーはどのように診断するの?




スポンサードリンク


では、ショートスリーパーの診断基準についてご説明します。

・毎日の睡眠時間が3、4時間
・睡眠時間が短いにも関わらず、生活に全く支障がない
・入眠するのに睡眠薬などが必要なく、すんなり寝ることができる
・ストレスの解消がうまい

このような項目に当てはまる時に、診断できると思います。

ショートスリーパーの場合はからだに不調が無いので
病院で診断を受けることは少ないと思います。

そのため「自分はもしかして…?」と
自身で診断することがほとんどです。

睡眠時間が短くてからだに不調が出た場合は、
その時点でショートスリーパーの診断はつかないと思います。

気になるショートスリーパーの寿命
天才に多いことと訓練でなれるものなのか、
そして診断基準についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

睡眠時間が短くてもからだに不調も無いですし、
ストレスの解消法も上手なので一概に
短時間睡眠=短命とはならないことがわかりました。

また天才に多いことはありますが、訓練してまで
短時間睡眠にこだわる必要はないこと、自身で診断をつけていけば
特に受診などは必要ないことを説明してきました。

ショートスリーパーにこだわらず、自分に合った
睡眠時間を見つけてくださいね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)