睡眠薬が市販だと副作用が心配

睡眠薬が市販だと副作用が心配

眠れないなんてことはよくありませんか?
でも睡眠薬を飲むほどでもないし・・・と思ってるあなた!

市販の睡眠薬は万人に向けて作られたものなので
うまく利用してみると快適な睡眠効果があるのです。

参考までに市販の睡眠薬と副作用についてまとめてみました。

市販の睡眠薬とはどんなもの


一般的に市販の睡眠薬は、抗ヒスタミン薬の催眠作用を働かせた
市販のリポスミンやナイトール、OTCのドリエルやプロリズム、
ネオディーやハルシオン、ドリーネンなどが強いとは言えませんが、
知名度が高くどこにでも市販されている睡眠薬としてです。

しかし、一般に市販されている睡眠薬は、睡眠の導入、
改善薬として市販されている商品の効き目は薄い、と言われます。

あくまで市販の睡眠薬ですからね。

また、既に他の商品を飲んでいる場合は、
市販の睡眠薬では満足のいく結果が効くことなく
出ない可能性も充分にあります。  

睡眠薬比較的不眠症の症状の軽い方は、
市販の睡眠薬でいいのかもしれませんが、
やや不眠症が酷くなると市販の睡眠薬では、効果を得れなくなります。

そこまで眠れなくなった場合は診療内科を受診し
医師の進める睡眠薬を飲むのが、一番だと思います。



スポンサードリンク


市販の睡眠薬で、だましだまししておくより、
医師の診断のうえ出してもらった睡眠薬の方が
良い効果を得れると思います。

市販の睡眠薬にも副作用があるけれど


一般的に市販の睡眠薬は、万人向けに作られているので、
処方される睡眠薬よりも副作用は少ないです。

しかし劇的な睡眠薬としての効果も期待してはならないでしょう。

市販の睡眠薬は、あくまでも、一時しのぎの睡眠薬と捉えて、
診療内科受診のうえ、出される睡眠薬を
治療の基本睡眠薬として飲んでください。 

診療内科受診のうえ、出される睡眠薬は、
一人ひとりの状態に応じて出されます。

決して治療に行かず市販の睡眠薬に頼っりっきり、
というのはやめて下さい。 

診療内科受診のうえ、出される睡眠薬の方が、
その時の自分の睡眠薬としては、
ベストなものを選んで出してくれるはずです。

病院の睡眠薬の副作用


処方で出される睡眠薬に副作用はありますが、
しっかり飲み方を守っていれば大丈夫でしょう。



スポンサードリンク


市販の睡眠薬は万人向けに作られているので、
副作用は少ないとは思いますが、
重度な不眠症には効果が薄いです。

やはり診療内科受診のうえ、医師と相談のうえ、
自分の体質や環境に合った睡眠薬をでしてもらうほうが、
睡眠障害等の早期解決になると思います。

わたしの場合も当初、市販の睡眠薬を試しましたが、
効果がありませんでした。飲んでも眠れないのです。

ですから、診療内科受診のうえ、出される睡眠薬に変えました。

個人差はあるかもしれませんが、睡眠薬はやはり、
今の自分の体質や環境に合った睡眠薬を飲みたいものです。

そういった睡眠薬で早期回復を目指しましょう。

治療に行かず市販の睡眠薬に頼っりっきりに決してならず、
あまりにも眠れない時は処方される睡眠薬の方を服用しましょう。

副作用も心配ですが、用法容量をきちんと守っていければ
そんなに心配することもないですよ。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)