睡眠時間が4時間で健康に仕事はできるの?

睡眠時間が4時間で健康に仕事はできるの?

睡眠時間はだいたい7時間が理想だと言われています。
しかし、たまにいますよね!

睡眠時間が4時間でも全然平気ですと涼しい顔で言う人!

でも、本来のおよそ半分の睡眠時間しか
とっていない人は、健康などの面や
仕事に支障をきたすということはないのでしょうか?

そこで今回は、睡眠時間が4時間でも
健康や仕事に影響はないのかご説明します。

睡眠時間が4時間って大丈夫?


睡眠時間が4時間ほどと短い人は、
実は過去の偉人にたくさん存在するんです。

有名なところでいうとナポレオンや
エジソンなどが挙げられます。
彼らは、1日の24時間を6ブロックに分けていたと考えられています。

つまり、その1ブロックの4時間が睡眠時間なんですね。
人は一生の中での睡眠時間がおよそ25年だと言われています。

睡眠時間が4時間で短いということは、
その分人生に時間を与えることができるということになりますね!

睡眠時間が短いと健康に影響はある?


一番気になるところが、睡眠時間と
健康の問題だと思います。



スポンサードリンク


実際、4時間の睡眠時間で
健康を維持するためにはどうしているのでしょうか。

実はほとんどの睡眠時間が
短い人ほど昼寝を活用しているんです。

つまり、夜に睡眠時間が短い分、
昼寝で眠気を払って健康を維持しているんですね。

ナポレオンやエジソンなども、
昼寝を効率的に活用していたと言われています。

さすがに夜の4時間しかない
睡眠時間だけでは健康を害しやすくなります。

しかし、昼寝をうまく取り入れれば
健康的な毎日を送ることができるのです。

からだが睡眠時間に順応していくまでが
辛いかもしれませんが、じきに慣れてきます。

睡眠時間が4時間でも仕事に支障はない?


では睡眠時間が4時間の状態で
仕事は効率的に進めることができるのでしょうか。



スポンサードリンク


実はここでも、昼寝の出番がやってきます。
当然、睡眠時間が短いのですから、
仕事をしている間は眠気が襲ってきます。

しかし、昼寝を10分するだけで、
もう4時間たっぷり寝たような満足感を得ることができるのです。

こうなると仕事もしっかりこなすことができ、
作業効率も上がるということになります。

眠いときは眠気を我慢せずに、仮眠を取るというのが
仕事を効率的に進めるひとつの方法です。

睡眠時間が4時間の状態で、
健康を維持しながら仕事もこなすことはできるのか。

今回はこんなお話をテーマにして
みましたが、いかがでしたか?

ポイントは、睡眠時間が4時間でも昼寝をすれば
健康も守られて仕事もうまくいくということです。

人生の貴重な時間を睡眠にとられたくない!
という人は是非試してみてくださいね。

もしかしたら、ナポレオンやエジソンのように
天才的な才能が開花しちゃうかもしれませんよ!



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)