睡眠薬の種類や強さを表した デパスはどうなの?

睡眠薬の種類や強さを表した デパスはどうなの?

睡眠薬とひと口に言っても、
その種類や効き方の強さは様々です。

でも、それを表すのは何を目安にすれば良いのでしょうか。
本来は抗不安薬のカテゴリーではありますが、
肩こりや睡眠薬の代わりとしても幅広い診療科で
処方されているデパスはどの程度なのでしょうか。

そこで今回は、睡眠薬の種類や強さを表す目安と
メジャーな薬であるデパスについてご紹介していきたいと思います。

睡眠薬の種類とは?


睡眠薬の種類は、主に薬が効いている
時間で分けることが主となります。

・短時間型
なかなか寝付けないなど、睡眠に入ることに対して
苦労している人に処方される睡眠薬の種類です。
眠りに入らせることを
目的としているので、睡眠導入剤ともいいます。

・中時間型
寝付けはするけれど、変な時間に途中で
いつも起きてしまう場合や一度起きたら
なかなかそのあと眠れなくなってしまう人に向けて
処方される睡眠薬の種類です。

・長時間型
寝ても全く寝た気がしない、細々と何度も
途中で起きてしまう場合など
重い睡眠障害に対して処方される睡眠薬の種類です。
人によっては、長く薬が効いているので
日中もボーッとするなどの影響があることがあります。



スポンサードリンク


睡眠薬の強さを表す目安とは?


では、睡眠薬の強さはどのように表されるのでしょうか?

睡眠薬の強さとしては、主に5種類の種類
比較して表すことができます。

一番強い睡眠薬は、古くからあるものですが
効果が強力過ぎて呼吸を抑制してしまう副作用が出たため、
今ではほとんど処方されることはありません。

次に強いのはデパスなどを中心とする
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

強さとしてはそこそこあるものの、
安全性が高いのが特徴です。

対して非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は
筋弛緩が極端でないので、お年寄りなどにも
安心して処方できるという特徴があります。

また睡眠に入るため欠かすことのできない
メラトニンを受け入れやすくする睡眠薬もあります。

しかしあくまで自然な力で
眠りにつかせようとするものなので作用の強さはありません。



スポンサードリンク


他に比較的新しい種類の睡眠薬もありますが、
効く人と効かない人がハッキリ分かれやすいと言われています。

強さ的にはこのように表すのですが、
一般的なのはベンゾジアゼピン系と
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬ですね。

睡眠薬で代表的なのはデパス?


ベンゾジアゼピン系の代表選手である抗不安薬、デパス。

わたしもなかなか眠れなくて病院にかかった際は
デパスが処方されましたが、最小量の薬でよく眠れました

デパスは作用は短時間型で、
早めにからだから抜けやすい薬なので薬に頼りやすくなり
「依存しやすい」と表されることも多くあります。

でも、安全性も高い薬ですので
幅広い診療科で活用されていますし、
そこまで神経質になる必要はないのかなと思います。

抗不安効果も高く、突然の動機や
パニックなどにも多く使われている薬です。

睡眠薬の種類や強さ、そしてそれを表す目安と
有名な睡眠薬代わりに処方される
抗不安薬のデパスについてもご紹介してきました。

睡眠薬の種類は主に3種類、強さは5種類に表され、
デパスは比較的短い時間効いて
そこそこ強さもあるということもわかりました。

自分に合った睡眠薬で、快適な眠りを手に入れたいですね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)