睡眠薬の副作用は少ないが飲む時は気を付けよう!

睡眠薬の副作用は少ないが飲む時は気を付けよう!

どの薬にもそうですが睡眠薬にも副作用があります。
どうすれば少ない副作用で効果がでるかを考えていきましょう。

睡眠薬の副作用


夜眠れない、熟睡できない、などいう
不眠症に悩んでいる人も増えているようです。

不眠症で眠れないのはつらいもの。
睡眠薬に手を伸ばしてしまいたくなる気持ち分かります。

しかし、睡眠薬は正しく使わないと不眠を改善してくれるものではなく、
間違った服用を続けると副作用がでてしまうことがあります。

長期間にわたって睡眠薬を、服用していたり、
睡眠薬を大量に飲んでしまうと、
生死に関わる副作用がでてくることもなりかねないのです。

不眠症で睡眠薬を服用する際には、
必ず睡眠薬の使用方法や睡眠薬の使用量を守り、
正しく服用する必要があります。



スポンサードリンク


そのためには、不眠症のための睡眠薬の知識や
服用方法などを知り、不眠症改善の睡眠薬と
上手に付き合うことが大切です。

主治医と良く相談のうえ、処方される睡眠薬を飲むことが重要です。

副作用は少ない方がいい


現在では睡眠薬も薬局で買えるほど、身近なものになりました。

しかし、睡眠薬を勝手に量を増やしたり、飲む回数を増やしたりすると
睡眠薬がやめられなくなったり、副作用がでてしまいます。

不眠になったら、1人で悩まず、心療内科に行って相談してみましょう。

心療内科へ行くと問診のうえ、睡眠薬が処方されます。

ただし、睡眠薬には、副作用が必ず出てきます。
ですから医師は、ある睡眠薬を出し、
副作用が出れば、違う睡眠薬を処方します。

睡眠薬は、試しながらでしか状態を把握できないので、
何種類かの睡眠薬を試して、
出来るだけ少ない副作用の睡眠薬を探しましょう。

睡眠薬を少ない量にする方法




スポンサードリンク


睡眠薬を少ない量で効果を出すためには、
まず、数種類の睡眠薬を飲んで、
どの睡眠薬が一番自分に適しているかを確認することです。

睡眠薬は、正しく服用さえすていれば怖くはありません。
しかも最近の睡眠薬は、依存性も少ないです。

医師の処方した睡眠薬をまず飲む
→数種類の睡眠薬を飲み、試行錯誤をする
→一番適した睡眠薬に巡り合う
→睡眠薬を徐々に減らして少ない量にする
→理想的には睡眠薬を飲まずに睡眠がとれるようになる。
・・・というのが、理想です。

一緒にその状態になれることを目指しましょう。

睡眠薬には、副作用が必ず出てきます。
ですから医師は、ある睡眠薬を出し、
副作用が出れば、違う睡眠薬を処方します。

睡眠薬は、試しながらでしか状態を把握できないので、
何種類かの睡眠薬を試して、
出来るだけ少ない副作用の睡眠薬を探しましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)