不眠症の原因はたばこと酒だった!

不眠症の原因はたばこと酒だった!

不眠症の原因


不眠症とは、夜、布団に入っても、
なかなか寝付けないであったり、
夜中に何度も目が覚めるとか、
朝十分に睡眠時間を取った(つもり)なのに
眠った気がしない、などの状態が慢性化した状態をいいます。

そのため、不眠症は、体が十分に休まることが出来ず、
イライラしやすくなったり、集中力の欠如に繋がります。

勿論、学業や仕事にも悪影響が出てきます。

不眠症の原因は、様々です。
個人が抱える精神的な問題(例えば借金問題であったり、
恋人・夫婦間の問題であったり)や、
ストレス(仕事や人間関係etc)からである。とされるのが、一般的です。

私の場合、仕事のストレスが原因で不眠症が始まりました。

今までは、寝る前に本を読んだり、音楽を聴いていたら、
自然に眠くなっていたのに、眠れなくなったのです。

ちょうど営業所長職(中間管理職の典型ですね)時代に
不眠症が始まりました。

まぁ、人間ですから神経が高ぶって一日位は眠れなかったことは、
皆さんも体験はあるとおもいますが、
不眠症になると、本当に毎日寝れなくなるのです。

不眠症の原因は、なかなか個人で特定するのは、難しいと思います。

精神的に原因を特定する余裕も無くなるからです。

まずは、家族と相談のうえで、心療内科を受診するのが、得策と考えます。

けっして、ひとりで抱え込まないで下さい。

私はこれで不眠症が長引いてしまった経験があります。
不眠症は、気の持ちようで治るものではありません。

不眠症に対して、知識のない人は、”1日位寝なくても、
人間は死なない”なんていう方もいます。それは間違いです。

酷くなると、夜寝れない時に、嫌なことを考える場合もあります。

不眠症は、病気なのです。原因は色々ですが、
目に見えなくても、不眠症はれっきとした病気であることを認識して、
一日でも早めの受診をオススメします。

たばこが不眠症の原因


私は、たばこを吸いませんので、不眠症と
たばこの関係は、よくわかりません。

たばこは、20歳でやめましたから・・(笑)。
まあ、それは冗談として、たばこを吸っている人が不眠症を訴える割合が、
非喫煙者の4~5倍にも上っているのも事実だそうです。

ある研究では、たばこを吸わない人に比べてたばこを吸っている人は、
寝つくまでの時間が平均5分長く、
総睡眠時間が14分短いことが分かっているそうです。

たばこで体内時計が狂い、概日リズム「睡眠」障害という
不眠症になりやすいそうです。

睡眠時の脳波を測定すると、たばこを吸わない人に比べて
たばこを吸う人の眠りは浅く、睡眠がしばしば妨げられており、
体の回復も不十分となるようなので、
不眠症の方は、たばこを止められたほうがよい、と思います。

このようなことからたばこは不眠症の原因の一つだと
思われますので、気を付けましょう。

酒も不眠症の原因


私が不眠症となった時(その時は不眠症という認識は、全くなかったのですが)
自分で取った対策は、酒(アルコール)の力を借りて寝ようとしたことでした。

でも、酒(アルコール)を飲んでもなかなか寝れない、
眠れたとしても、数時間後、つまり真夜中に目が覚めて以降眠れませんでした。

そうすると、また酒(アルコール)を飲む→結果、飲んでも寝れない、
眠れたとしても、数時間後にまた目が覚める→
また、酒(アルコール)を飲む、という悪循環の繰り返しでした。

気付くと、500mlのビールを5本飲んでも、寝れない状態になっていました。

ようやく、心療内科に行くと、こっぴどく先生に怒られました。
正常な状態ではないですよね、寝るために毎日、500mlの酒(ビール)を
5本飲むなんて・・・・肝臓等の事考えると、よっぽど睡眠薬を飲む方が健康だ、
とも先生に言われてしまいました。

酒(アルコール)には、寝るための速攻性はあっても、持続性はないらしいです。
だから、いくら酒(アルコール)を飲んでも、夜中に目が覚める訳です。

睡眠薬を飲んだことのない人は、依存性があるのでは?と心配される方も、
いらっしゃると思いますが、現在の睡眠薬は安全で大丈夫だそうです。

酒の好きな方も、不眠症となった時は、酒は止めましょう。
自分のためにも、大切な家族のためにも・・・・・・
              

不眠症の原因はたばこと酒も関係していたことがお分かりいただけたでしょうか?
不眠症は様々な原因が考えられますが、ひとつでも原因を減らしていきたいので
たばこと酒はほどほどにしましょう。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)