疲れと寝不足で頭痛!薬の対策はバファリンで改善

疲れと寝不足で頭痛!薬の対策はバファリンで改善

一見疲れがピークに達する
と寝不足どころか良く眠れるのでは?
と思われがちですが、実は違うんです。

疲れ過ぎてストレスがたまっていくと、
脳の興奮状態が長く続くことになり
寝不足から頭痛になってしまいます。

そんな時に役に立つ薬といえばバファリンですよね。

症状を改善するためにバファリンを
愛用している人は多いと思います。

そこで今回は、そんな疲れからくる寝不足と
頭痛の関連性について説明していきます。

疲れが原因の寝不足による頭痛とは


疲れが続いて慢性的になると、先ほどもお話しした通り
脳を興奮状態にするアドレナリンが出てしまうことで
寝不足になってしまうのです。

そして、脳もからだも休まらないことから頭痛として
症状が出てきてしまうというわけなんですね。

わたしも良く寝不足で頭痛になりますが、
本当に辛いんですよね…。

いつも薬を手放せない状態で、
頭痛薬でなんとか改善しながら
生活をしているといった感じです。

これは疲れや寝不足というストレスから
自律神経のはたらきが乱れてしまっているために
不眠や頭痛などの症状が出てしまうのです。



スポンサードリンク


女性は子育てのストレスや
ホルモンバランスの乱れから起こりやすく、
男性は仕事の疲れやストレスで起こりやすくなります。

疲れからくる寝不足の対策は?


では疲れからくる寝不足を
改善するための対策は何かないのでしょうか?

対策法を考えてみましたので、順番に見ていきましょう。

①寝る1時間前にパソコンやスマホを見ない
 パソコンやスマホの画面からは常に強い光が出ています。
 そのため神経が興奮して眠れなくなり、
 目にも疲れが溜まってしまうのです。
 
 そこから頭痛が出てしまうこともありますので、
 寝る前は目を休めましょう。

②寝る前に温かい飲み物を飲む
 寝る前にレモネードや白湯などの
 温かい飲み物を飲むのもリラックスして
 寝不足対策にはおすすめです。
 
 血行もよくなり、疲れや寝不足といったことが
 原因の頭痛を改善します。

③入浴は寝る2時間前までに済ませる
 入浴というとリラックスするので
 寝る直前に入りたくなるものですが、
 実は入浴は神経を興奮させるものなんです。
 
 でも、疲れを取るためには
 眠る2時間前までに湯船にゆっくり浸かりましょう。



スポンサードリンク


疲れ過ぎて頭痛が…!薬はバファリンで改善する?


疲れがピークに達すると寝不足が続いて頭痛が起こります。

こうなると集中力も切れて仕事などに支障が出るので、
対策としてバファリンなどの薬を飲んで
症状を改善していくという方法を取る方が多いと思います。

バファリンは市販されている頭痛薬としては
かなり人気が高く、服用者も多い薬です。

ただ、頭痛薬というのは症状を改善してくれるのは良いのですが
胃を多少なりとも荒らす性質があるので、
何か食べてから服用するようにしましょう。

こうすることで薬が吸収もされやすくなり、
頭痛が改善しやすくなります。

でもまずは、疲れと寝不足を改善することが一番の対策方法ですね。

疲れたときの寝不足による頭痛、バファリンなどの薬で
改善するという対策方法などについて
ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

やはり疲れを取るためには休日にゆっくり休み、
寝不足を改善して頭痛が起こらないように
対策を練ることが大切です。

また薬にばかり頼りすぎないよう疲れを取る
マッサージなどの様々な対策も考えていきたいですね。



スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)